ファッション

「エルメス」や「ルイ・ヴィトン」が常連の家具見本市「ミラノサローネ2019」が開幕 世界各国から参加者が急増

 国際家具見本市2019(SALONE DEL MOBILE.MILANO 2019以下、ミラノサローネ2019)が4月9日、ミラノ郊外の見本市会場で開幕した。同展は今年58回目で、出展社数は2400社以上(550人の出展デザイナーを含む)。隔年で開催され今年で第30回を迎える照明関連の見本市の「エウロルーチェ(EURO LUCE)」などが行われる。会期は14日までで、同時期にミラノ市内でも多くのデザイン関連のイベントやインスタレーションが披露される。

 市内では、「エルメス(HERMES)」や「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」など、多くのファッション・ブランドが個別に各地でイベントやインスタレーションを開催し、業界の枠を超えたブランドの世界観を発信するイベントになっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら