フォーカス

2019-20年秋冬トレンドはボウタイブラウスが本命 平凡に見えないアレンジ技は?

 2019-20年秋冬は、ここ数年続いたストリートムードに代わって、エレガンス路線がトレンドとして復活しています。そんな中でスタイリングのアイコン的存在になりそうなのがボウタイブラウス。ボウ(リボン)を首元に飾ったブラウスのことです。クラシックな淑女ムードを漂わせるのが一般的なボウタイブラウスの着こなしですが、それだとややありきたり。ムードを変えながら賢く着回すには、レディーな雰囲気に寄せすぎない着こなしのバランス感が重要です。

 例えば、「イエナ(IENA)」の2019-20年秋冬では、キャメル系カラーでまとめたスーツに、ボウタイブラウスを合わせました。ワントーンのコーディネートに、柄入りのボウでアクセントを加えて遊び心を盛り込んでいます。このように、レディーなムードを巧みに崩すことが、ありきたりコーデとの分かれ目となります。

 今回は、古くて新しいボウタイブラウスの一味違う上手な着こなし方を、人気の国内ブランドのスタイリングから解き明かしていきます。

パンツと合わせて、女っぽさを
あえてトーンダウン

 品格レディーのシンボルともいえそうなボウタイブラウスだからこそ、女っぽくまとめすぎないのがありふれた着こなしを避けるコツ。ほぼ正反対といえるイメージの紳士風パンツを合わせると、クールに決まります。「ニアーニッポン(NEAR.NIPPON)」のルックは、首に巻いて長く垂らしたロングスカーフがキーピースです。結び目を正面から横にずらすことで、抜け感をプラス。ボトムスはあえてコーデュロイパンツを選んで、マニッシュな感覚を取り入れました。足元はウエスタンブーツを合わせて、さらにはずしています。“結び目ずらし”と“メンズはずし”の合わせ技が決まりました。

 色味まで同じトーンでそろえたパンツスーツを提案したのは、「ライト(WRYHT)」。ボリュームたっぷりの大きなボウタイは、小顔に見せてくれる効果までありそうです。ジャケットの上から共布ベルトでウエストをキュッと絞ることで、くびれを演出。首元のボウとベルトの結び目が響き合います。

ロングスカートとのコーデで、
縦長シルエットに

 ボウタイの動きを生かせば、印象を自在に操ることもできます。今秋冬のおすすめは、縦長なイメージを引き出すアレンジ。ボウを長めに垂らして、ロング丈のボトムスと組み合わせれば、“ロング×ロング”の相乗効果でスタイルアップがかないます。「ダズリン(DAZZLIN)」はピンクのボウタイブラウスに赤のロングスカートを合わせて、パンチを効かせました。スカートの箱ひだプリーツがスリットのようにも見えて、あでやかな表情です。スカート正面に重ねたボウがスタイルアップに一役買いました。

 短めのボウタイでも、印象の強い色を使えば、装いのムードを変えてくれます。「パメオポーズ(PAMEO POSE)」は、袖コンシャスの白ブラウスに、黒いボウタイをセット。清楚なブラウスに、ミステリアスな雰囲気を添えています。イエロー系のロング丈スカートは縦落ち感を印象づけるアイテムになっています。

アクセサリー風のボウで、
顔周りに華やぎを

 ボウタイの巻き方や色・柄を工夫すれば、ボウタイをアクセサリーのように活用することもできます。秋冬は分厚いアウターで重い印象になりがちですが、顔周りに華やぎを添える小技として、ボウタイの活用を覚えておいて損はありません。マルチカラーのボウタイを装いのスパイスにしたのは、「ルプコ(RPKO)」のコーディネート。赤を主体にした柄入りのボウタイは、顔にチークを差したような効果をもたらしています。シャツの上にあふれ出すボウの量感も、顔周りを彩ります。

 首にぴったり巻くチョーカー形のネックレスの人気が復活していますが、細めのボウタイを使えば、チョーカーのようなコンパクトな印象になります。「ミドラ(MIDDLA)」は極細のボウをきゃしゃなネックレスのように巻いて、可憐な雰囲気をまとわせました。太いボウよりも目立たず、甘すぎないので、ボウタイブラウスを着慣れていない人も試しやすそうです。

 この秋冬の注目アイテムであるボウタイブラウスは、トレンドだからこそ、“その他大勢”に見えないよう、自分らしいアレンジを加えて着こなしたいところ。各ブランドから提案された大技・小技を駆使して、着回しバリエーションを増やしていきましょう。

2019-20年秋冬トレンドをもっと見る

ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター 宮田理江:
多彩なメディアでコレクショントレンド情報、着こなし解説、映画×ファッションまで幅広く発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かし、自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い