フォーカス

ニューヨークファッションウイークが開幕 今季の見どころとは

 9月5日、2019年春夏ニューヨーク・ファッション・ウイークが開幕しました。WWDJapan.comでは毎日コレクションの画像を含め現地でのレポートをアップする予定ですが、ここでは改めて今季の見どころ・注目ポイントを紹介します。

 まず一つ目に、今季は公式スケジュールが5日半とかなり短くなりました。ここ数シーズンは7日間強あったスケジュールが、かなりギュッと凝縮されました。トム・フォード(Tom Ford)がアメリカファッション協議会(COUNCIL OF FASHION DESIGNERS OF AMERICA、CFDA)の会長に就任してまず取り掛かったプロジェクトと言われています。メガブランドがニューヨークから離れたり、はたまた「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」のように公式スケジュールとは違う時期に発表するブランドがあったりして、ニューヨーク・ファッション・ウイークに行くインターナショナルバイヤーやプレスが減っています。そんな業界人をニューヨーク・ファッション・ウイークに呼び戻そうと、より効率よくショーを回れるようにした仕組みです。1日のスケジュールが凝縮された分ドタバタしそうですが、頑張って取材してきます!

 続いて、前回華やかなデビューを飾った「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」が再びショーを行います。敏腕スタイリストのケイティ・グランド(Katie Grand)がインスタグラムで小泉智貴デザイナーを発見し、そこから急遽ニューヨーク・ファッション・ウイークでコレクションを発表することに。トップモデルやヘアスタイリストのグイド・パラウ(Guido Palau)、メイクアップアーティストのパット・マクグラス(Pat McGrath)が無償で協力したと聞いています。チュールを豪快に使ったコレクションはコマーシャルなショーが多いニューヨークではなんともドリーミーで華やかな印象でした。そんな夢のような話ですが、今回も同じ豪華メンバーでショーを行います。さらに前回同様に「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」の旗艦店で、プレゼンテーション形式での発表になるようですが、どのようにコレクションが進化しているのか、楽しみです。

 そのほか「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」が久々にニューヨークでコレクションを発表したり、「ラグ&ボーン(RAG &BONE)」も久しぶりにランウエイ形式でショーを行ったりなど、ニュースは盛りだくさんです。ファッションだけじゃなく、バックステージにも潜入しコレクションを盛り上げるビューティについても、現地からお届けする予定です。WWDJapan.comと各種SNSをチェックしてください!

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら