ファッション

カラフルなアウターで吹雪も乗り切る 2019-20年秋冬ニューヨーク・ファッション・ウイーク

 2019-20年秋冬のニューヨーク・ファッション・ウイーク(以下、NYFW)が2月4〜13日に開催された。前回の春夏シーズンにはネオンカラーのアイテムがトレンドだったNYFWだが、来場者の間で着用率が高かったアイテムはカラフルなアウター。前回に引き続きネオンカラーや淡いパステルカラーが目を引いた。カラフルなアウターの種類はダウンジャケットやファーコート、トレンチーコートなどさまざまだが、特にボアジャケットが人気だったようだ。

 ファッションブログ「オール ザ プリティ バーズ(All The Pretty Birds)」を運営するタム・マクファーソン(Tamu McPherson)は、ニューヨークのタクシーのようなイエローカラーのダウンジャケットに、トレンドに浮上しているアニマルプリントのスカートを同系色でコーディネート。サックス・フィフス・アベニュー(SAKS FIFTH AVENUE)のルーパル・パテル(Roopal Patel)=ファッション・ディレクターはビビッドなイエローのコーディネートにホットピンクのコートを合わせていた。

 NYFWも終盤の12日にはニューヨークを吹雪が襲ったが、この日もやはり防寒性もファッション性も手に入るカラフルなアウターは来場者の愛用アイテムだった。ブロガーのスージー・ロウ(Susie Lau)はフローラルプリントのワンピースに「コーチ(COACH)」のファージャケット合わせ、全体をパステルピンクで統一していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら