ファッション

カラフルなアウターで吹雪も乗り切る 2019-20年秋冬ニューヨーク・ファッション・ウイーク

 2019-20年秋冬のニューヨーク・ファッション・ウイーク(以下、NYFW)が2月4〜13日に開催された。前回の春夏シーズンにはネオンカラーのアイテムがトレンドだったNYFWだが、来場者の間で着用率が高かったアイテムはカラフルなアウター。前回に引き続きネオンカラーや淡いパステルカラーが目を引いた。カラフルなアウターの種類はダウンジャケットやファーコート、トレンチーコートなどさまざまだが、特にボアジャケットが人気だったようだ。

 ファッションブログ「オール ザ プリティ バーズ(All The Pretty Birds)」を運営するタム・マクファーソン(Tamu McPherson)は、ニューヨークのタクシーのようなイエローカラーのダウンジャケットに、トレンドに浮上しているアニマルプリントのスカートを同系色でコーディネート。サックス・フィフス・アベニュー(SAKS FIFTH AVENUE)のルーパル・パテル(Roopal Patel)=ファッション・ディレクターはビビッドなイエローのコーディネートにホットピンクのコートを合わせていた。

 NYFWも終盤の12日にはニューヨークを吹雪が襲ったが、この日もやはり防寒性もファッション性も手に入るカラフルなアウターは来場者の愛用アイテムだった。ブロガーのスージー・ロウ(Susie Lau)はフローラルプリントのワンピースに「コーチ(COACH)」のファージャケット合わせ、全体をパステルピンクで統一していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら