ファッション

雪化粧のパリにドレスが華を添える 2019年春夏オートクチュール・コレクション

 2019年春夏オートクチュール・ファッション・ウイークが1月21〜24日、パリで開催された。前日まで開催されていたパリ・メンズ・ファッション・ウイークの期間中はストリートウエアに身を包んだ来場者が街を闊歩していたが、オートクチュール・ファッション・ウイークでは、ランウエイと呼応するようにきらびやかでカラフルなウエアをまとった来場者が街を彩った。ファーやパイソン柄、レオパード柄といったアニマル柄を重ねるオートクチュールの来場者には、“レス・イズ・モア”ではなく、“モア・イズ・モア”という言葉が似合う。

 「シャネル(CHANEL)」がコレクションを発表した2日目には雪が街を覆ったが、来場者はミニスカートやピンヒールなど、凍てつく寒さをものともしないファッションで会場前に集合。赤の着物をまとった来場者も雪化粧した街に華を添えた。

 世界中から各ブランドの上顧客が集まるオートクチュール・ファッション・ウイークには、多くのセレブリティーやインフルエンサーも姿を見せた。「イリス ヴァン ヘルペン(IRIS VAN HERPEN)」の会場には、独特の世界観を持つシンガー、ポピー(Poppy)が、「ディオール(DIOR)」には、カーリー・クロス(Karlie Kloss)やオリヴィア・パレルモ(Olivia Palermo)、オルガ・カープット(Olga Karput)らが、「シャネル」にはクリステン・スチュワート(Kristen Stewart)らが来場した。その他、キアラ・フェラーニ(Chiara Ferragni)やキャロライン・ダウア(Caroline Daur)らインフルエンサーや、日本からは冨永愛が来場した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。