ニュース

東京にも“出現” アリババが提携するバーチャル・インフルエンサー、ヌーヌーリとは

 中国最大のeコマース企業のアリババ(ALIBABA)は、同社が運営するECサイト「Tモール(Tmall)」の「ラグジュアリー・パビリオン(Luxury Pavilion)」のモデルとして、バーチャル・インフルエンサーのヌーヌーリ(Noonoouri)を起用した。同時に、コンテンツを充実させるためヌーヌーリの新しいモバイルゲームを立ち上げるなど、ユーザーとの更なる結びつきの強化を図っている。

 インスタグラムで30万9千のフォロワーをもつヌーヌーリは、コンデナスト(CONDENAST)が出版する中国版「ヴォーグ(VOGUE)」とも契約しており、ブランド服を身に着け、高級ハンドバッグを持って毎週さまざまな都市へと旅行している。

 「ラグジュアリー・パビリオン」およびヌーヌーリとコラボレーションを行った最初のブランドが、英国の「マルベリー(MULBERRY)」だ。「マルベリー(MULBERRY)」は、‟My Localキャンペーン”の一環として8月22~24日に東京でワークショップやライブミュージックの音楽イベントを開催し、それに合わせて21~27日には新作バッグ‟アイリス(Iris)”のプロモーション用ポップアップストアも設けていたが、今回のコラボレーションではヌーヌーリが東京に‟現れていた”のだ。

 オンラインユーザーたちは、ヌーヌーリとゲームをすることもできる。彼女のアウトフィットをコーディネートしたり、道中からの手紙を読んだりすることでポイントを獲得する。プレーヤーたちはそのポイントを使ってお買物券や限定バッグ、そしてトップ賞のために用意された新作バッグ‟アイリス(Iris)”を手に入れることもできる。

 「ラグジュアリー・パビリオン」のリリ・チェン(Lili Chen)=ゼネラルマネジャーは、「若年層のラグジュアリー商品購入者たちがそれぞれのスタイルをシェアしたり、表現したりしながらプレーできるこの双方向型ゲームの開発は、『Tモール』のプラットフォーム上での消費者たちとブランドのより強い結びつきに貢献するだろう」と語った。

 ヌーヌーリが生み出されたのは2017年末で、作成者はドイツのミュンヘンをベースに活動するグラフィックデザイナー、ヨルグ・ツバー(Joerg Zuber)だ。ヌーヌーリは19年のプレ・スプリング・コレクションショーで「ディオール(DIOR)」のインスタグラムに登場したり、「フィロソフィ ディ ロレンツォ セラフィニ(PHILOSOPHY DI LORENZO SERAFINI)」の19年プレ・フォール・ルックブックにも登場。「ヴォーグ・ミー・チャイナ(VOGUE ME CHINA)」やブラジル版「グラムール(GLAMOUR)」の表紙も飾るなど、幅広いブランドのクリエイティブプロジェクトに参加している。

 アリババは昨年10月にリシュモンと提携し、中国人の消費者たちに向けてユークス ネッタポルテ グループ(YOOX NET-A-PORTER GROUP)の小売商品を展開するため、ジョイントベンチャーを設立。「ネッタポルテ(NET-A-PORTER)」と「ミスターポーター(MR PORTER)」のために2つのモバイルアプリをローンチすることを発表した。また、「ネッタポルテ」と「ミスターポーター」は「ラグジュアリー・パビリオン」にも出店する予定だ。

 「ラグジュアリー・パビリオン」は、過去12カ月の間に数々の有名ブランドの出店を獲得してきた。現在、「シャネル(CHANEL)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」「ヴァレンティノ(VALENTINO)」「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」「バーバリー(BURBERRY)」「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」を含む130以上のラグジュアリーブランドを提供している。

 「Tモール」は来年3月までに、ラグジュアリーブランドの出店数を倍にしたいと語っている。