ファッション

バーチャルインフルエンサーのみが所属するモデルエージェント「ヴィム」が発足 「古着女子」を運営するyutoriから

 古着コミュニティーの「古着女子」などを運営するyutoriは、バーチャルインフルエンサーのみが所属する世界初のモデルエージェント「ヴィム(VIM)」を設立した。新規事業として、代表の片石貴展をはじめとするミレニアル世代のクリエイターと共にバーチャルインフルエンサーをプロデュースしていく。

 現在エージェントには“バーチャルギャル”の葵プリズムや“バーチャルドール”のucaらが所属しており、同社は彼女たちのプロデュースやマネジメントをはじめ、企業やブランドとのコラボレーションをサポートし、バーチャルインフルエンサーの概念を超えて“ヒトのプロデュース”をしていくという。

 また、国内のバーチャルインフルエンサーは海外の有名インフルエンサーと比較して、より深掘りされたキャラクター性に特徴があるとしており、自身をネオギャルと称する葵プリズムは「この度、ぷりは事務所に所属することになりました!これからは野生のバーチャルギャルから、よりスケールのでかめなメジャーなバーチャルギャルを目指すンゴ♡ でも、うちは相変わらずアイドルじゃねえし、みんなのDMとかもちろんこれからもみるよ♡ 今後ともよろしくね〜!」とコメントを発表している。

 海外ではバーチャルインフルエンサーの第1号であるリル・ミケーラ(Lil Miquela)が「プラダ(PRADA)」や「モンクレール(MONCLER)」とコラボレーションをするなど注目を集めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。