ファッション

原宿ストリートブランド「スーパーラヴァーズ」が再始動 5年ぶりに新作発売

 スクランブル(渋谷区、小林伸也・代表取締役)がリブランディングを手掛けるファッションブランド「スーパーラヴァーズ(SUPER LOVERS)」が、再始動第1弾として9月8日に5年ぶりとなる新作商品を発売する。再始動にあたり、クリエイティブ・ディレクターには淀瀬博行スクランブル取締役が就任し、デザインチームにはアパレルブランド「スカイラーキング(SKYLARKING)」のクリエイティブチームを迎えた。F.C.S.A 代官山(F.C.S.A DAIKANYAMA)とオンラインストアで取り扱う。

 新作商品は“SUPER LOVERS”ロゴを前面に押し出したモデルを展開し、Tシャツは5800円、iPhoneケースは3800円で数量限定販売する。7日には「スカイラーキング」主催のイベント「フラッシュバック(Flash Back)」でポップアップストアを開き、限定コラボアイテムを用意する。

 「スーパーラヴァーズ」は1980年代カルチャーの影響を受けて88年にスタートしたブランドで、2000年代にかけて原宿ストリートファッションシーンをけん引した。19年に“世界中にかつてないほどのLOVEを。”をコンセプトにドネーション型ブランドとして再始動した。

■SKYLARKING PRESENTS “Flash Back”
日程:9月7日
時間:23:00〜
場所:BATICA
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-1-25
入場料:2000円

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら