ファッション

「200万円ダイヤで肩の力が抜けたラグジュアリーを知った」 ファッションフリークOL「WWDジャパン」最新号につぶやく

 1992年生まれのファッションフリーク女子が、今週の(今回は先週のw)ファッション週刊紙「WWDジャパン」で気になったニュースを要約してお届け。渋谷のファッションベンチャーに勤める等身大OL、Azuのリアルな目線を生かし、「このニュースからはコレが見える」という切り口でさまざまな記事につぶやきを添えます。

今日のニュース:P.8「『グッチ』も参入 渾身のハイジュエリーがパリに集結」

読み解きポイント:「ミレニアル世代のプリンセスは、どんなジュエリーを身につける?」

ニュースのポイント

 毎年7月にパリで開催されるオートクチュールウイークの期間中には、新作ハイジュエリーが数多く発表される。「グッチ(GUCCI)」がハイジュエリーに参入し、ハイジュエリーのメッカであるヴァンドーム広場に出店したことは今季一番のトピックスになった。各ブランドが趣向を凝らした発表会の様子や、至高のジュエリーの数々をレポートする。

Azuはこう読む!

 私のプロフィールに書いてある「渡仏」というのはフランス留学のことです。留学の理由は、ファッションを学ぶためでもフランス文化を知るためでもなく、ただパリに住みたかったから。そしてパリに住みたかった理由は、プリンセスになりたかったから(笑)。小さな頃からお姫様に憧れていて、着てきた洋服も「メゾピアノ(MEZZO PIANO)」「リズリサ(LIZ LISA)」「ロジータ(ROJITA)」など、同世代ならエモくなる王道ガーリー系です。もちろんパリに住んでもプリンセスにはなれず、代わりに大きな夢を持って帰国しました……。

 マリー・アントワネット(Marie Antoinette)も羨む優美なドレスを着て、生涯年収と同じくらいのハイジュエリーを身に纏うという典型的なプリンセスに未だ憧れているのですが、現実は誌面に踊る豪華絢爛なハイジュエリーを目の前に「日本では、どんな人が買うのだろう?」「日本だと、どこにつけていくのかな?」「資産運用という意味だと、石より金なのかな?」と現実的なことを考えてばかりです。

 先日、本連載4回目で触れた「自家需要ジュエリー」の記事に共感いただいた同世代のPRに、200万円を超えるダイヤモンドのネックレスを見せていただきました。遠目だとチェーンネックレスかなと思うのですが、よく見ると繋がっているのは小さなダイヤモンド。台座のない裸のダイヤモンドの両端にレーザーカットで穴を開け、金具でひとつひとつ繋ぎ合わせたそう。台座がない分一粒ずつの存在感は小さいですが、なんと合計94個(!)3.5ctのダイヤモンドを贅沢に使ったネックレスでした。

 「分かりやすい一点主義の宝石ではなくて、よく見たらダイヤモンドじゃん……!みたいな。自分だけが知っている贅沢のようなものです」というPRの言葉に、今っぽい肩の力が抜けたラグジュアリーの在り方を感じました。そのネックレスのユニセックスな風貌と華奢で飾らない豪華さは、まさに「現代のストリートプリンセス」にぴったり。気になる方は「ミラモア(MILAMORE)」のネイキッドダイヤネックレスで検索してみてください。

ハイジュエリー特集2019 ハイジュエリーの常識を揺さぶる「グッチ」の本気度

Azu Satoh : 1992年生まれ。早稲田大学在学中に渡仏し、たまたま見たパリコレに衝撃を受けファッション業界を志す。セレクトショップで販売職を経験した後、2015年からファッションベンチャー企業スタイラーに参画。現在はデジタルマーケティング担当としてSNS運用などを行う。越境レディのためのSNSメディア「ROBE」(@robetokyo)を主催。趣味は、東京の可愛い若手ブランドを勝手に広めること。ご意見等はSNSまでお願いします。Twitter : @azunne

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら