ビューティ

サザビーリーグから大人の女性に向けたオリジナルコスメブランド誕生

 サザビーリーグはオリジナルコスメブランド「グリッド(GRID)」を今秋、スタートする。ヘアサロン「HAPP’s」を設立し雑誌やテレビCMなどで活躍する中嶋竜司ヘアメイクアップアーティストが監修し、「年齢を重ねてもなお上質で魅力的に輝きたい」と願う大人の女性に向け、ベースメイクとポイントメイク製品を提案する。

 「グリッド」は、厳選した素材で、微妙な色の表現や持続力、最高のテクスチャーを追求する女性に向け、一見すっぴんと思えるほどナチュラルでありながらその人の魅力を引き出す製品を開発。規則性や統一感のあるデザインや土地の測量、座標、ニューヨークや京都に見る都市の設計、建築などでなじみの深い言葉である“グリッド”から命名した。

 アイテムは、スキンベース(ベースメイク)で、「スキンヴェール」(5000円)、「カラーコントロールコンシーラー」(6800円)、「マットルースパウダー」(6000円)、「モイスチャープレストパウダー」(6000円)。ポイントメイクで、「イージーグロスアイブロウマスカラ」(3500円)、「マイクロアイブロウライナー」(3500円)、「ブラックラインマスカラ」(3500円)、「ルージュリップペンシル」(3500円)、「クリアグロス」(3500円)、「ハイライトチーク」(5500円)をそろえる。ミニマムなラインアップでの仕上がりを基本に、来春以降アイテム数を増やしていく予定だ。

 なお販路や販売日などの詳細は後日、発表するという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら