ビューティ

「クリスチャン ルブタン」がネイルケアサロンとコラボ オリジナルのネイルカラー&ケアメニュー

 「クリスチャン ルブタン ビューティ(CHRISTIAN LOUBOUTIN BEAUTY)」は、東京・広尾のネイルケアサロン「ロングルアージュ(LONGLEAGE)」と「タアコバ(TAACOBA)」銀座店とコラボレーションし、8月1日から新たなネイルカラーとネイルケアのメニューを開始する。マニキュアトリートメントメニューは7500円、ベディキュアトリートメントメニューは1万2500円で提供する。

 ネイルカラーには「クリスチャン ルブタン」のレッドソールに見られるシグネチャーカラーの“ルージュ ルブタン”、爪の裏側でレッドソールを演出できる“ルビアンダーレッド”をはじめ、色鮮やかな“ポップシリーズ”、スキントーンを美しく見せる“ヌードシリーズ”、シックな“ノワールシリーズ”から30色をそろえる。

 さらにコラボレーションを記念して、ネイルカラー「ルージュ ルブタン」の購入者には香水「デラックス ミニ パルファン」(5mL)を数量限定でプレゼントする。

 1978年創業の「ロングルアージュ」は、美しい爪の育成を目指して日本人に合ったネイルケア理論と技術を考案。独創ネイルケア技術“ラウンドスクエア”に定評がある。サザビーリーグとの業務提携で設立した「タアコバ」は健康な爪こそ本当に美しい爪であるというコンセプトから、爪のケアを大切にするブランドとして人気がある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら