ニュース

「ルブタン」から初のアイシャドウ マットとメタリックの全12色

 「クリスチャン ルブタン(CHRISTIAN LOUBOUTIN)」は12日にブランド初のアイシャドウ2種を発表した。アイテムの名前にも入る“タッパロイユ(人目を引くこと)”をテーマに、目力が引き立つアイカラーを提案する。10月3日発売。

 「タッパロイユ マットヌード アイカラー」(全6色、各7000円)はオイルジェルベースのリキッドアイカラーで、肌にぴったりと密着してパウダリーマットに仕上がるテクスチャーが特徴だ。自分の肌色に合ったカラーを塗布してまぶたの肌色を整えたり、またハイライトやメタリックカラーの下地としても使用できる。

 「タッパロイユ メタリック アイカラー」(全6色、各7000円)はウオータリーベースにパールやラメのメタリックピグメントを配合。伸ばしやすいテクスチャーで、重ねたりぼかしたりして楽しめる。

 どちらのボトルもゴールドのシェルを思わせる装飾で、ビザンチン様式やアール・デコ様式を思わせるモチーフが特徴だ。キャップにはブラシが付属し、そのまま塗布できる。また、キャップはカリグラフィーの筆から着想を得た、持ちやすく描きやすいスレンダーな形だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら