ニュース

「ルブタン」から初のアイシャドウ マットとメタリックの全12色

 「クリスチャン ルブタン(CHRISTIAN LOUBOUTIN)」は12日にブランド初のアイシャドウ2種を発表した。アイテムの名前にも入る“タッパロイユ(人目を引くこと)”をテーマに、目力が引き立つアイカラーを提案する。10月3日発売。

 「タッパロイユ マットヌード アイカラー」(全6色、各7000円)はオイルジェルベースのリキッドアイカラーで、肌にぴったりと密着してパウダリーマットに仕上がるテクスチャーが特徴だ。自分の肌色に合ったカラーを塗布してまぶたの肌色を整えたり、またハイライトやメタリックカラーの下地としても使用できる。

 「タッパロイユ メタリック アイカラー」(全6色、各7000円)はウオータリーベースにパールやラメのメタリックピグメントを配合。伸ばしやすいテクスチャーで、重ねたりぼかしたりして楽しめる。

 どちらのボトルもゴールドのシェルを思わせる装飾で、ビザンチン様式やアール・デコ様式を思わせるモチーフが特徴だ。キャップにはブラシが付属し、そのまま塗布できる。また、キャップはカリグラフィーの筆から着想を得た、持ちやすく描きやすいスレンダーな形だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら