ニュース

三越伊勢丹がヤフーと協業 ビッグデータとAIで見えないニーズを商品化

 三越伊勢丹はヤフーと協業し、ビッグデータとAI(人工知能)を活用して開発した商品を販売する。子育て中の小柄な女性向けに、ロングスカートをSPAブランド「アームインアーム(ARM IN ARM)」から9月下旬に発売する。

 「アームインアーム」は、20代後半~30代の女性をターゲットに、顧客の声を反映したアイテムを値ごろに提供するEC限定のSPAブランド。同商品の開発にあたっては、ヤフーが提供する検索エンジン「ヤフー!検索」の検索キーワードや、お悩み掲示板「ヤフー!知恵袋」の書き込みといったビッグデータを、AIの深層学習や自然言語処理により解析。小柄な子育て女性は、ロングスカートを着たいものの、既製品では特有の悩みを解決できていないことを突き止めた。そこで「自宅で洗える素材」「抱っこひもと合わせやすいポケットの高さ」などの仕様を盛り込むとともに、子育て中の女性を集めて座談会を実施し、小柄な女性でもバランス良く着用できるボタンの色や丈などの意見を反映した。

 今回の商品開発は、ヤフーが10月から提供を開始する、企業間のビッグデータ連携による法人向けデータソリューションサービス「データフォレスト(DATA FOREST)」の実証実験として実施する。ヤフーと提携企業の両者のビッグデータを活用してや新サービスの開発や既存のサービスの改善に役立てるという。

 両社は、「本商品の反響を踏まえながら、今後もビッグデータを用いたアパレル商品のさらなる開発、ファッションとテクノロジーを掛け合わせた『ファッションテック』の推進に挑戦していく」としている。