ファッション

プーマと「チャイナタウン マーケット」がコラボ

 プーマ(PUMA)は7月11日、ストリートブランド「チャイナタウン マーケット(CHINATOWN MARKET)」とのコラボコレクションを発売する。レトロなバスケットボールカルチャーに大胆なグラフィックやブランドロゴを採用し、DIYの遊び心を加えたスニーカー全3型をそろえる。「プーマ」ストア、「プーマ」公式オンラインストア、「プーマ」一部店舗などで発売する。価格は1万3000〜1万8000円。

 アイテムは、異素材を組み合わせたアウトソールの側面に黄色のブランドラベルを施した“ストーム”(1万4000円)、黒と黄色のチェック柄を採用した“スウェード”(1万3000円)、側面に取り外し可能でカラフルな“フォームストリップ”を採用した“ラルフ サンプソン ロウ”(1万8000円)となる。

 「チャイナタウン マーケット」は、デザイナーのマイク・シャーマン(Mike Cherman)がニューヨークのキャナルストリートに位置するチャイナタウンから多くの着想を得て誕生し、独創的なカラーリングとポップなグラフィックが特徴のブランドだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら