ニュース

ワイヤレスイヤホンがさらに進化 「バング & オルフセン」がスケボー&ダンスのイベントを開催

 デンマーク発音響機器の「バング & オルフセン(BANG & OLUFUSEN)」は6月6日、東京・天王洲アイルのスケートパーク「ナイキ SB ドージョー(NIKE SB DOJO)」で新作発表イベントを開催した。イベントでは、ダンサーのアオイヤマダやTUKI TAKAMURA、UNOや16歳のプロスケーターの山本勇が登場。ランニングなど激しいスポーツでも優れた音響と装着性を実現する新作ワイヤレスイヤホン“ベオプレイ E8 モーション(以下、E8 モーション)”と“ベオプレイ E6 モーション(以下、E6 モーション)を着用し、DJのLicaxxxの音楽に合わせてパフォーマンスを行った。

 パフォーマンス後のトークショーでUNOは、「今回のパフォーマンスは100%アドリブで行ったが、通常はスタジオで、イヤホンを着けて音楽を聴きながら振り付けすることが多い。“E8 モーション”は音との誤差なく振り付けができるのでストレスフリーで、ダンサーにとって理想のイヤホン」と述べた。TAKAMURAは、「コンビニのイヤホンと音が違いすぎるのに驚いた。コード付きだとターンしたりジャンプする際にからまるが、ワイヤレスだとそれを気にせず踊れる」と言い、新作イヤホンの音響の良さと優れた装着性について話した。

 DJのLicaxxxは、「スポーツがファッション化していると思う。スポーツ、ファッション、音楽全てがライフスタイルの一環。『バング & オルフセン』は機能性の高さはもちろんだが、プロダクトとして使ってみたいと思わせるデザインだ。新作イヤホンは音楽家にとってもスポーツをする人にとってもうれしいアイテムだ」と語った。

 「バング & オルフセン」はよりよい音を実現するためにサウンドエンジニアがデバイス開発時に音の調律を行うため、高度なサウンドパフォーマンスには定評がある。音響、装着性、デザインにこだわり開発した“E8 モーション”は、完全にワイヤレスなイヤホンだ。イヤーピースには付属のシリコン製フィンから自分に合ったものを選べるので、フィット感も抜群。レザーとアルミニウムを使用した付属の充電ケースはワイヤレス充電機能付きで、完全なワイヤレス体験を可能にする。一方、“E6 モーション”はベストセラーの“E6”のモーションバージョンで、よりよい装着性と安定した高い音質を特徴とする。防滴仕様のコード付きで、左右のイヤーピースのマグネットを合わせると自動的に電源がオフとなり、効率的にバッテリーをセーブできる。“E8 モーション”も“E6 モーション”も防塵防水機能を備えており、ランニングやトレーニング時の汗や湿気にも耐えるイヤホンだ。また、「バング & オルフセン」専用アプリを使用すれば、好みに合わせてサウンドをカスタマイズすることもできる。

 価格は、“E8 モーション”が3万8000円、“E6 モーション”が2万9800円。上に置くだけでチャージができる“ベオプレイ チャージング パッド モーション ホワイト”が1万2800円。いずれも税込み。

あなたにオススメ