ファッション

作品を模倣されたと主張する若手アーティストに「トム ブラウン」が反論

 「トム ブラウン(THOM BROWNE)」が自分の作品を模倣してシャツの柄に使用したと抗議したアーティスト、アシュトン・アッツ(Ashton Attzs)に対して、正式に反論した。

 アシュトン・アッツは、英ロンドンの夕刊紙「イブニング スタンダード(EVENING STANDARD)」が選ぶ「イブニング スタンダード アート プライズ2018」を受賞したセント・マーチン美術大学に通う20歳の学生だ。受賞作品「Don’t Stay in Ya Lane」を「トム ブラウン」が模倣したと主張する。「これは私の作品を露骨にコピーしている。この事態にとても傷つき憤慨している。高名なメゾンなら、若くて奇妙な黒人アーティストの作品をコピーするのではなく、オリジナリティーを出せないものか」とインスタグラムに投稿した(現在は削除されている)。

 これに対して「トム ブラウン」のスポークスマンは、泳いでいる人々のプリントは、18年1~3月に19年メンズ・プレ・スプリング・コレクションの一環として制作したもので、「トム ブラウン」17年春夏コレクションから着想を得たものだと説明した。「論点になっているプリントは、プールのレーンが描かれていない。また、水着は17年春夏のウィメンズコレクションから、水泳帽も同年春夏のメンズコレクションがインスピレーション源で、こうした流用は『トム ブラウン』がたびたび使用する手法だ。また、背景の青い色がアッツの作品と類似しているのは偶然だ。この色は塩素入りの青い水から着想を得ている。類似しているという主張は理解できるが、完全な偶然にすぎない。トム・ブラウン本人と彼のチームは、今週(5月13日の週)に入るまでアッツの作品を見たことがなかった。デザインに対するこだわりはトムの制作における基礎をなす要素だ」。

 受賞作品「Don’t Stay in Ya Lane」は、社会的な壁を乗り越えていく全てのLGBTQ+や有色人種、インターセクショナリティーにエールを送る目的で描いたという。1000以上の作品から選ばれ、1万ポンド(約142万円)の賞金が与えられた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら