ニュース

水原希子が“リボンブラ”の谷間をデザイン

 2010年の発売以来、多くの女性から支持されてきたワコールの“朝の谷間、ながもち、リボンブラ。(以下、リボンブラ)”。今春から女優やモデル、デザイナーなど多方面で活躍する水原希子をアンバサダーに迎え、この度、水原希子デザインモデルを発表した。5月10日12時よりワコールウェブストアにて先行販売され、5月11日には限定店舗にて発売開始する。その発表を記念し、5月10日にはワコール麹町ビルにて発売記念ファンイベントが開催された。当日は、水原希子のファンを招待。コラボ商品の発表、新CMのお披露目のほか、ファン一人一人との記念撮影なども行われ、水原本人が登場することを知らずに集まったファン達は歓喜し、大いに盛り上がった。

 水原希子デザインモデルはブラジャー、ショーツ、キャミソールの3型でそれぞれブラックとライトラベンダーの2色展開。打ち上げ花火をイメージしたエンブロイダリーレースが印象的で、水原は「レースのスカラ部分にラメ糸を使うことにこだわった」と言い、自ら着用して登場したキャミソールは「アシメトリーになったヒラヒラの裾がお気に入り」と語った。このプロジェクトは約2年前からスタート、会場には水原自らが描いたデザイン画も展示した。「ずっと下着のデザインをしてみたかった。アイデアがあり過ぎて困ったが、デザイン画を3〜4描き、ワコールの方々と何度も打ち合わせを重ねて完成させた。キラキラしたものが好きなので、ラメが入った刺繍にはかなりこだわったが、理想とするリボンブラができた」と満足の表情。「リボンブラの魅力を多くの人に伝え、谷間ができた感動を皆さんにも実感して欲しい」と抱負を語った。

 “リボンブラ”は、バストを左右から寄せてキレイな谷間をつくり、動いてもキープする”キープリボン構造”を採用したブラジャーで、2010年1月の発売以来、累計410万枚の売上枚数を突破している。

川原好恵(かわはらよしえ):ビブレで販売促進、広報、店舗開発などを経て現在フリーランスのエディター・ライター。ランジェリー分野では、海外のランジェリー市場について15年以上定期的に取材を行っており、最新情報をファッション誌や専門誌などに寄稿。ビューティ&ヘルスの分野ではアロマテラピーなどの自然療法やネイルファッションに関する実用書をライターとして数多く担当。日本メディカルハーブ協会認定メディカルハーブコーディネーター、日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー。文化服装学院ファッションマーチャンダイジング科出身