ファッション

「ディオール」がメゾンの発祥地の名を冠するアイコンバッグ“30 モンテーニュ”を発売

 「ディオール(DIOR)」は5月10日、新たなアイコンバッグ“トロント モンテーニュ(30 Montaigne)”を世界同時発売した。クリスチャン・ディオール(Christian Dior)が愛したメゾンの歴史発祥の地である、パリのモンテーニュ通り30番地から名付け、同名のカプセルコレクションも同時に展開する。

 アイコンバッグは、レザーのショルダーストラップが付いたスクエアタイプでキャンバス地2色(34万円)、レザー6色(39万円)をそろえる。カプセルコレクションでは、 “バー”ジャケット(46万円)やスカート(42万円)、ブックトート(32万円)などアイコニックなアイテムをラインアップする。

 また、“トロント モンテーニュ”の発売に合わせて、メゾンのミューズであるジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)が登場する広告キャンペーンも展開する。

 アーティスティック・ディレクターのマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)は「人と場所とのつながりが極めて強力になることがある。メゾンの歴史発祥の地であるパリのモンテーニュ通り30番地に足を踏み入れてすぐに私はそれを感じた。新ラインは、メゾンのアイデンティティーを反映すると同時に、女性がそれぞれのライフスタイルに即した“私のディオール(MY DIOR)”という魅力を生み出す機会を提供しようと考えている」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら