ファッション

平野ノラが平野ブラに!? ワコールの新作下着でランウエイデビュー

 お笑いタレントの平野ノラが19日、ワコールの「デイト(DATE.)」新作発表会で下着モデルとしてランウエイデビューした。「デイト」のコンセプトは“女を楽しむノンワイヤー”で、平野は、2018年同ブランドの“シンクロブラ”の下着モデルとしてデビュー。新作発表会ではレースタイプを着用し、ランウエイを闊歩した。昨年8月の起用以降「女っぷりが上がった」と語った。

 南仏ニースで行われた新作CMも発表され、平野はトークショーで撮影時のエピソードを語り、得意のお笑いネタも盛り込みながら会場の笑いを誘った。CMは女子旅風のコンセプトでナチュラルな平野を捉えたもの。「時代はズレても、ブラはずらすな」をはじめ、「ニースでレース」や「ダジャレじゃなくておしゃれ」などといったパンチの効いたセリフがりばめられている。

 平野はCM撮影およびランウエイデビューに関して、「平成最後のバブリーな体験。平野ノラではなく、平野ブラになって帰ってきた。平成最後に上り詰めた感じ。ディスコでのお立ち台の経験が役立った」とコメント。

 "シンクロブラ“は、サイドのストラップをクロスさせた設計で、腕を伸ばしたり体をひねったりする日常のさまざまにフィットするブラで、ノンワイヤーなのに動いてもずれにくいブラとして登場。カラーも7色と豊富で気分に合わせて選べる。価格は3600円。新作のレースタイプは新たにサイズにSと3Lが加わり、カラーは4色で3800円だ。ニースで撮影したCMは、4月12日に公開される。

 また、新作発売を記念し、ワコール公式のツイッターアカウントをフォローしキャンペーン告知をリツイートすると応募者の中から抽選で100人に平野のオリジナルテレホンカードが当たる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら