ニュース

「ディオール」のメイクアップアンバサダーにR&Bの新星ジョルジャ・スミス

 「ディオール(DIOR)」はメイクアップアンバサダーに英国歌手のジョルジャ・スミス(Jorja Smith)を起用した。2018年のグラミー賞最優秀新人賞にもノミネートされ、「ブリット・アワーズ」で新人賞に輝いたジョルジャはR&B界の期待の新人だ。ピーター・フィリップス(Peter Phillips)=メイクアップ クリエイティブ & イメージ ディレクターが手掛けるコンテンツやプロジェクトにも登場する。

 21歳のジョルジャは1997年に英国バーミンガムで生まれ、ネオ・ソウルバンドのリードシンガーである父の影響で幼少期からレゲエやソウル、ロックなどの音楽に親しみ、8歳のときに作曲を始めた。15歳でユーチューブに投稿した動画が注目され、ファーストシングル「ブルー ライツ(Blue Rights)」でデビュー。同曲がドレイク(Drake)やスクリレックス(Skrillex)から絶賛され、ドレイクの英国ツアーのサポートに抜擢された。18年にはマーベル(MARVEL)の映画「ブラックパンサー(Black Panther)」のサウンドトラックでケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)とコラボし、 「アイ・アム(I Am)」をリリースした。18年6月に発表した初アルバム「ロスト&ファウンド(Lost & Found)」はイギリスで総合チャート3位にランクインしたほか、全米R&Bチャートでは首位を獲得。「第61回グラミー賞」で最優秀新人賞にノミネートされ、「ブリット・アワーズ」 では新人アーティストに贈られるクリティック・チョイス・アワード賞を受賞した。

 なお、「ディオール」はほかにも水原希子や韓国の歌手のソンミ(Sunmi)、スーパーモデルのエヴァ・ハーツィゴヴァ(Eva Herzigova)をアンバサダーに起用している。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら