ニュース

三越伊勢丹HDがエステ「ソシエ」で特損126億円 16年に買収

 三越伊勢丹ホールディングスは25日、エステサロン「ソシエ(SOCIE)」を展開するSWPホールディングスに関連して126億円の特別損失を計上すると発表した。SWPホールディングスは2016年に、大西洋前社長時代に事業の多角化の一環としてPEファンドのポラリス・キャピタルから買収していた。買収金額は非公表だが、当時の2016年3月期の売上高は185億円、純損益が8億8000万円の赤字だった。19年3月期への影響については現在監査中という。

 SWPホールディングスは国内ではエステサロン(75店舗)を中心に183店舗、海外では台湾を中心に21店舗のヘアーサロンとエステサロンを運営している。特損の中身は、主力のエステ事業でのれんなどの減損損失を計上するため。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら