ファッション

人気スタイリストが大人の“デキる女”に向けたD2Cカットソーブランド

 スタイリストの有本祐輔が代表を務めるクリエイティブ会社リノウン(Reknown)は2019年春夏、大人の女性に向けたカットソーブランド「ニコラ・ジェンソン(NICOLAS JENSON)」をスタートした。デビューシーズンの商品は、Tシャツとノースリーブのカットソーのみ。数多くの人気女優のスタイリングを担当する有本が、日本人女性の体型に合う身幅と丈感のシルエットにこだわって製作した。種類はクルーネックTシャツとVネックTシャツ(いずれも8500円)、ノースリーブカットソー(8000円)の3タイプに、XSと S の2サイズ、ショート丈とレギュラー丈の2種類のレングスから選ぶことができる全12型だ。素材は上品なツヤとハリが特徴的なシルケット加工を施した100%コットンを用いて、国内で生産している。

 有本はブランドの立ち上げについて「従来の上品な質感のTシャツは海外ブランドのものが多く、平均身長が160センチ以下の日本人女性には着丈が長くバランスが難しかった。カットソーは年中必要になるもの。従来のTシャツよりも3センチ程短め。ボトムスのベルトループが隠れるくらいで、タックインする必要がなく足が長く見える。ジャケットやスラックスパンツと合わせてほしい」と語る。

 今季は“デキる女”をテーマにした。「“いつでもデキる女”だとネガティブな面を発想しがちだが、“いつでも”に取り消し線を入れると、ポジティブな印象に変わる。多くの選択肢を持っていて、自由に生きる素敵な女性像をイメージしている」と有本。ブランド名は同名のフォント(書体)に由来し、「ずっとかっこいい名前だと思っていて、いつか使いたいと考えていた」という。

 販売は自社の公式通販サイトでスタートし、4月26日から4カ所でポップアップストアを開いている。高島屋新宿店シーズンスタイルラボ(4月26日〜5月14日)、ストラダエスト日比谷店(5月17〜26日)、ストラダエスト青山店(5月17〜26日)、ストラダエスト大阪店(5月28日~6月9日)を予定する。

 有本は吉高由里子や榮倉奈々ら女優を担当するスタイリスト。17年秋冬にハットやベレーなどを中心とするヘッドウエアブランド「タア(TAH)」をスタートさせている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら