ファッション

「リー」が原宿に旗艦店をオープン

 デニムブランド「リー(LEE)」は4月12日、東京・原宿の明治通り沿いに旗艦店をオープンした。店舗面積は約165平方メートルで、代表的な“101”や“アーカイブ(ARCHIVE)”シリーズなどを始めとするメンズとウィメンズ、キッズのアイテムのほか雑貨なども用意。ECで発信する新情報をリアル体験できる店舗として、今後イベントなどを開催していく予定だ。日本を代表する観光地でありファッションスポットである原宿に店を構えることで、ブランド認知度の向上と顧客の拡大を目指す。

 オープンを記念して、同ブランドとワークウエアブランド“ディッキーズ(DICKIES)”のコラボアイテム全4型を発売する。“リー”のペインターパンツの定番“11-Z”と「ディッキーズ」のワークパンツの定番「874」を融合したコラボアイテムは、“ドッキングワークパンツ-1(DOCKING WORK PANTS)”と“ドッキングワークパンツ-2”のふたつを用意。“1”は“874”に合わせたゆとりのあるストレートシルエットで、素材は「リー」オリジナルのジェルトデニム2色と「ディッキーズ」のTCツイル4色の計6色を展開する。“2”は右身頃を“874”、左身頃を“11-Z”としたアシンメトリーデザインを採用。ワイドシルエットで、素材は同様に6色を展開する。価格はどちらも1万2000円。

 また「リー」オーバーオールの定番である“91-SB”にサーキュラースカートを合わせた“オーバーオール スカート”(1万4000円)と「ディッキーズ」の“874”をスカートにアレンジした“サーキュラースカート”(1万4000円)をラインアップ。「リー」原宿店で先行販売しているほか、4月下旬からその他の直営店舗と公式オンラインサイトでも取り扱う。

 「リー」は1899年にアメリカ・カンザス州でヘンリー・デイヴィッド・リー(Henry David Lee)が創業。日本ではエドウィンが販売し、07年に開業したラフォーレ原宿店をはじめ現在計18店舗を構える。

■LEE 原宿店
オープン日:4月12日
時間:11:00~20:00
住所:東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル1階

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら