ファッション

サッカー本田圭佑選手とオーマイグラスの社会貢献型眼鏡がカンボジアの学校に寄付

 眼鏡の通販サイトを手掛けるオーマイグラスとサッカーの本田圭佑選手(メルボルン・ビクトリーFC所属)が協力して立ち上げた社会貢献型サングラスブランド「ペイジ(PAGE)」は、2018年6月から19年3月までの売り上げの2%をカンボジアのバイヨン中学校に寄付した。現地の人材養成支援機構JSTを通じて手続きが行われ、バイヨン中学校のプリンターの購入費や、本田選手が運営するサッカークラブの試合観戦に行く際、子どもたちが移動する費用などに当てられるという。

 「ペイジ」はオーマイグラスの通販サイトと同社の11店舗で販売されており、すべて日本製で価格は1万8000円~2万8000円。寄付金の額は非公表。

 清川忠康オーマイグラス社長は「眼鏡を通した社会貢献を地道に続けていきたい。このような活動が、他の企業や分野にも広がればいい」と話した。今後も途上国の教育支援や人材育成など子どもの支援につながる寄付を年1回の割合で続くけていく予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら