ファッション

「エヴィス」が描く“令和”ジーンズ

 日本のデニムブランド「エヴィス(EVISU)」が“令和”ジーンズを作った。同ブランドはバックポケットにペンキで手描きした“カモメマーク”で知られるが、山根英彦エヴィスジャパン社長は自身のインスタグラムで、大きく“令和”と描いたジーンズを紹介した。

 “令和”のペイントは顧客のリクエストに応えるものだったという。山根社長はブログで「西洋生まれのジーパンに、東洋の漢字を入れるミスマッチ」「昭和生まれの私が、平成生まれの『エヴィス』に、“令和”と入れる」などとも書いている。

 「エヴィス」は1991年に大阪でスタート。「ドゥニーム(DENIME)」などと共にビンテージレプリカブームをけん引した。その後、ヨーロッパでライセンス生産戦略を取り、国際的な人気を高めた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら