ファッション

オンワードが代官山に新商業施設 佐藤オオキや「オープニングセレモニー」デュオが携わる

 オンワードホールディングス(HD)は4月2日、新商業施設「カシヤマ ダイカンヤマ(KASHIYAMA DAIKANYAMA)」を東京・代官山町に開く。代官山アドレスの近接地に立地。店舗面積や出店店舗、具体的なサービスなどは明らかになっていないが、全6フロアのビルで“丘”をコンセプトに散策できるような館になるという。

 開発にはデザインオフィス「ネンド(NENDO)」の佐藤オオキ、フレンチレストラン「スガラボ(SUGALABO)」の須賀洋介、「オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)」のクリエイティブ・ディレクターを務めているキャロル・リム(Carol Lim)とウンベルト・レオン(Humberto Leon)らが参画する。4月1日にはプレス関係者向けのオープニングレセプションが開かれる。

 求人サイトの募集記事によると、飲食店とアパレルを融合した施設で、カフェ、フレンチ、オーセンティックバーの3店舗が入店する予定だという。

 現在、オンワードHDは飲食事業としてオンワード樫山のカジュアルブランド「シェアパーク(SHARE PARK)」のカフェ&ダイニングを東京・芝浦のオンワードベイパークビルディング内に構える他、海外には手打ちそばを提供する日本食レストラン「円(YEN)」をパリとロンドンに開いている。また、全国各地のこだわり食品を取り扱うECサイト「オンワード・マルシェ(ONWARD MARCHE)」も運営する。

■カシヤマ ダイカンヤマ
開業日:4月2日
住所:東京都渋谷区代官山町14-18

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら