ファッション

オンワードが代官山に新商業施設 佐藤オオキや「オープニングセレモニー」デュオが携わる

 オンワードホールディングス(HD)は4月2日、新商業施設「カシヤマ ダイカンヤマ(KASHIYAMA DAIKANYAMA)」を東京・代官山町に開く。代官山アドレスの近接地に立地。店舗面積や出店店舗、具体的なサービスなどは明らかになっていないが、全6フロアのビルで“丘”をコンセプトに散策できるような館になるという。

 開発にはデザインオフィス「ネンド(NENDO)」の佐藤オオキ、フレンチレストラン「スガラボ(SUGALABO)」の須賀洋介、「オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)」のクリエイティブ・ディレクターを務めているキャロル・リム(Carol Lim)とウンベルト・レオン(Humberto Leon)らが参画する。4月1日にはプレス関係者向けのオープニングレセプションが開かれる。

 求人サイトの募集記事によると、飲食店とアパレルを融合した施設で、カフェ、フレンチ、オーセンティックバーの3店舗が入店する予定だという。

 現在、オンワードHDは飲食事業としてオンワード樫山のカジュアルブランド「シェアパーク(SHARE PARK)」のカフェ&ダイニングを東京・芝浦のオンワードベイパークビルディング内に構える他、海外には手打ちそばを提供する日本食レストラン「円(YEN)」をパリとロンドンに開いている。また、全国各地のこだわり食品を取り扱うECサイト「オンワード・マルシェ(ONWARD MARCHE)」も運営する。

■カシヤマ ダイカンヤマ
開業日:4月2日
住所:東京都渋谷区代官山町14-18

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。