ファッション

英国靴「トリッカーズ」が日本初の単独店舗を青山にオープン

 靴の輸入代理店ジー・エム・ティー(GMT、横瀬秀明社長)は、英国最古のシューズブランド「トリッカーズ(TRICKER'S)」の日本初となる店舗を4月25日、青山・骨董通りにオープンする。同ブランドは1829年に創業し、今年190周年を迎える。単独店舗は、ロンドンのジャーミンストリート店に続く世界2店舗目。店舗面積は約40平方メートルで、初年度売り上げは5000万円を目指す。

 青山店では「トリッカーズ」を代表するカントリーブーツやビジネスパーソンのための“セントジェームスコレクション”など、定番ラインのメンズ・ウィメンズの全アイテムをそろえる。中心価格帯は7万5000円。カスタマイズを受け付けるパターンオーダーコーナーと、靴磨き、メンテナンス、リペアを行うカスタマーサービスカウンターも常設する。

 また同店舗別注としてラバーソール付きの“チャーチルスリッパ”を発売する。ファッション関係者の間で、室内用の“チャーチルスリッパ”にラバーソールを付けて外履きするスタイルが人気だが、これをあらためてブランドとして発信する。1990年代まで販売していた“サンダルコレクション”も復刻する。

■「トリッカーズ」青山店
オープン日:4月25日
時間:11:00~20:00
住所:東京都港区南青山5-4-27

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら