ファッション

英国靴「トリッカーズ」が日本初の単独店舗を青山にオープン

 靴の輸入代理店ジー・エム・ティー(GMT、横瀬秀明社長)は、英国最古のシューズブランド「トリッカーズ(TRICKER'S)」の日本初となる店舗を4月25日、青山・骨董通りにオープンする。同ブランドは1829年に創業し、今年190周年を迎える。単独店舗は、ロンドンのジャーミンストリート店に続く世界2店舗目。店舗面積は約40平方メートルで、初年度売り上げは5000万円を目指す。

 青山店では「トリッカーズ」を代表するカントリーブーツやビジネスパーソンのための“セントジェームスコレクション”など、定番ラインのメンズ・ウィメンズの全アイテムをそろえる。中心価格帯は7万5000円。カスタマイズを受け付けるパターンオーダーコーナーと、靴磨き、メンテナンス、リペアを行うカスタマーサービスカウンターも常設する。

 また同店舗別注としてラバーソール付きの“チャーチルスリッパ”を発売する。ファッション関係者の間で、室内用の“チャーチルスリッパ”にラバーソールを付けて外履きするスタイルが人気だが、これをあらためてブランドとして発信する。1990年代まで販売していた“サンダルコレクション”も復刻する。

■「トリッカーズ」青山店
オープン日:4月25日
時間:11:00~20:00
住所:東京都港区南青山5-4-27

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら