ファッション

メッシが自身のブランド「メッシ」をスタート ランダムでメッシの直筆サイン入り

 「FCバルセロナ(FC BARCELONA)」に所属するサッカー・アルゼンチン代表のリオネル・メッシ(Lionel Messi)が、自身のアパレルブランド「メッシ(MESSI)」をスタートする。トミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)の妹、ジニー・ヒルフィガー(Ginny Hilfiger)がクリエイティブ・オフィサーを務めるブランドポートフォリオ企業MGOとの提携によるもので、公式ECサイト「ザ メッシ ストア(THE MESSI STORE)」を7月に立ち上げ、8月から本格的に販売を開始する。

 「メッシ」はスポーツテイストの強いメンズアパレルとして展開するが、ウィメンズのアイテムも数型用意。毎週新作を小ロットで生産・販売し、一定の需要が見込めたものを定番アイテムに加えていくという。また、アイテムの中にランダムでメッシの直筆サインを入れることで、購買を促す。デザインはメッシの実妹マリア・ソル・メッシ(Maria Sol Messi)が担当する。

 すでにいくつかのブランドやリテーラーとのコラボも決まっており、9月にはロンドンのサヴィル・ロウに店を構えるテーラー「リチャード ジェームス(RICHARD JAMES)」や、英国最古のシューズブランド「トリッカーズ(TRICKER’S)」とのコラボアイテムを発売する予定だ。

 メッシのほかに、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)や、ブラジル代表のネイマール(Neymar)、元ロシア代表のアンドレイ・アルシャヴィン(Andrei Arshavin)らも自身のブランドを保有している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら