ファッション

日本発シューズブランド「セレナテラ」がショップ兼ショールームをオープン

 日本発シューズブランド「セレナテラ(SELLENATELA)」が渋谷区富ヶ谷にショップ兼ショールームスペース、「ホール(HALL)」をオープンした。同ブランドは公式ECサイトの他、エイチ ビューティ&ユース(H BEAUTY&YOUTH)やプリファー シップス(PREFER SHIPS)などといった日本のセレクトショップの他、フランス・トゥールーズにあるレ・レヴリでも展開している。

 同ショップには、スタンダードラインからシーズンコレクションまで全ての商品をそろえ、不定期営業で月に10日程度営業する予定だという。オープン日はオフィシャルサイトやインスタグラムなどで告知する。デザイナーの榎本郁栄は、「ECサイトでは購入前に試し履きができないし、セレクトショップでは限られたサイズやアイテムのみの展開で、欲しいシューズを試し履きすることが難しかった。その問題を解消するために全アイテムがそろうショップ兼ショールームスペースをオープンすることを決めた」と話す。

 「セレナテラ」は2007年に榎本の姉が立ち上げたシューズブランド。日米の大学でグラフィックデザインやインダストリアルアートを学んだ榎本が姉からブランドを引き継ぎ、日本製シューズの良さを伝えることと、ストーリー性を持たせたシューズブランドを目指してリブランディングした。毎シーズン、デザイナーやアーティストの作品から着想を得てデザインしたシューズを発表している。価格帯はパンプスが3万円~、ブーツが4万4000円~など。

■SELLENATELA HALL
オープン日:10月6日
営業日:不定期(公式サイトやインスタグラムで告知)
住所:東京都渋谷区富ヶ谷2-16-8 HIROI BLDG. 2F

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら