ファッション

日本発シューズブランド「セレナテラ」がショップ兼ショールームをオープン

 日本発シューズブランド「セレナテラ(SELLENATELA)」が渋谷区富ヶ谷にショップ兼ショールームスペース、「ホール(HALL)」をオープンした。同ブランドは公式ECサイトの他、エイチ ビューティ&ユース(H BEAUTY&YOUTH)やプリファー シップス(PREFER SHIPS)などといった日本のセレクトショップの他、フランス・トゥールーズにあるレ・レヴリでも展開している。

 同ショップには、スタンダードラインからシーズンコレクションまで全ての商品をそろえ、不定期営業で月に10日程度営業する予定だという。オープン日はオフィシャルサイトやインスタグラムなどで告知する。デザイナーの榎本郁栄は、「ECサイトでは購入前に試し履きができないし、セレクトショップでは限られたサイズやアイテムのみの展開で、欲しいシューズを試し履きすることが難しかった。その問題を解消するために全アイテムがそろうショップ兼ショールームスペースをオープンすることを決めた」と話す。

 「セレナテラ」は2007年に榎本の姉が立ち上げたシューズブランド。日米の大学でグラフィックデザインやインダストリアルアートを学んだ榎本が姉からブランドを引き継ぎ、日本製シューズの良さを伝えることと、ストーリー性を持たせたシューズブランドを目指してリブランディングした。毎シーズン、デザイナーやアーティストの作品から着想を得てデザインしたシューズを発表している。価格帯はパンプスが3万円~、ブーツが4万4000円~など。

■SELLENATELA HALL
オープン日:10月6日
営業日:不定期(公式サイトやインスタグラムで告知)
住所:東京都渋谷区富ヶ谷2-16-8 HIROI BLDG. 2F

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら