ファッション

おニューのフランス靴「パラブーツ」でイタリアとスイスを行く

 イタリア・フィレンツェで開かれたメンズファッション最大の見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO以下、ピッティ)」と、スイス・ジュネーブで開かれた世界一ラグジュアリーな高級時計の見本市「S.I.H.H.(サロン・インターナショナル・オート・オルロジュリ、通称ジュネーブ・サロン)」の間に誕生日を迎えました。“誰かから”は見込みが薄かったので、自分で自分にプレゼントを買って日本を出発しました。どうせなら現地で使えるものをと選んだのは、フランスの靴ブランド「パラブーツ(PARABOOT)」のローファー、“ランスヴィゾン(REIMS VISON)”です。

 靴好きとしては「150以上の工程からなるノルヴェイジャン・ウェルテッド製法による堅牢な作りが……」とか言いたくもなるのですが、なんといってもVISON(ヴィゾン)、つまりミンクファーを使ったルックスがかわいいんです!それでいて、はっ水性の高いリスレザーをボディーに使っており実用性もバッチリ。お値段8万4000円は、四十路男子の一年に1度のご褒美としては“ちょうどいい”感じなのかと。

 履き口は深く、独特な角度で仕上げられているので、かかとの小さな日本人の足も抜けにくいんです。自社製造のラバーソールは肉厚でクッション性が高く、快適な歩行をアシストしてくれます。見た目としては、ここまで武骨なローファーって例がないんですが、意外と汎用性が高いんです。

 その汎用性の高さを2カ国で検証してみました。まず「ピッティ」会場では、セルビッジジーンズとコーディネート。シンプルな黒のローファーだとおとなし過ぎですが、ミンクファーのおかげでどこかエレガントな雰囲気です。ジーンズとシューズとが太番手のステッチワークで呼応しているのもポイント。ちら見せした、スカジャンモチーフの靴下もキュートでしょ?

 ジュネーブでは「S.I.H.H.」取材が終わって帰国までのほんの数十分、レマン湖畔を散歩しました。ヨーロッパ特有の石畳もなんのそのだし、グレンチェックのセンタークリース入りきれいめパンツとも好相性。“ランスヴィゾン”はジャケットや、ときにはスーツスタイルにだって溶け込めちゃうんです。レマン湖沿いには5つ星ホテルが軒を連ねますが、ドレスコードも軽々クリアです。

 靴好きを公言する僕ですが、“ガラスの足”の持ち主でもあり、どんな靴にも好かれません(苦笑)。かかとが痛かったり、トウが痛かったり……。それでも、この“ランスヴィゾン”はまさしく“シンデレラ・フィット”!そんな幸運も重なり、とても充実した出張となったのでした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。