ファッション

「アンリアレイジ」の15年間を振り返ったショーが書籍に 展覧会も開催

 「アンリアレイジ(ANREALAGE)」は、ブランド設立15周年記念として、2018年10月に東京で行ったランウエイショーに焦点を当てた書籍「15th book ANREALAGE 26」を1月25日に出版する。出版に合わせて、25日~2月3日には東京・西麻布のギャラリーで展覧会を開く。

 18年10月のランウエイショーは、15年春夏に発表の場をパリに移して以来、4年半振りに東京で行ったもの。03年のブランド設立からの15年間を、計100体のルックで振り返った。書籍は同ショーのバックステージの様子をまとめており、アートディレクションを井上嗣也が担当し、レスリー・キー(Leslie Kee)が撮影、ジャーナリストの生駒芳子が寄稿している。書籍のタイトルの数字“26”は、ブランドを象徴するロゴ“AZ”にかけて、アルファベット26文字を表したという。展覧会では、井上がデザインした限定Tシャツ(1万2000円)とトートバッグ(8000円)も販売する。

■「15th book ANREALAGE 26」出版記念展
日程:1月25日〜2月3日
時間:13:00〜20:00
定休日:無休
場所:GALLERY WATER
住所:東京都港区西麻布2-7-5-4F
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら