ファッション

「アンリアレイジ」の15年間を振り返ったショーが書籍に 展覧会も開催

 「アンリアレイジ(ANREALAGE)」は、ブランド設立15周年記念として、2018年10月に東京で行ったランウエイショーに焦点を当てた書籍「15th book ANREALAGE 26」を1月25日に出版する。出版に合わせて、25日~2月3日には東京・西麻布のギャラリーで展覧会を開く。

 18年10月のランウエイショーは、15年春夏に発表の場をパリに移して以来、4年半振りに東京で行ったもの。03年のブランド設立からの15年間を、計100体のルックで振り返った。書籍は同ショーのバックステージの様子をまとめており、アートディレクションを井上嗣也が担当し、レスリー・キー(Leslie Kee)が撮影、ジャーナリストの生駒芳子が寄稿している。書籍のタイトルの数字“26”は、ブランドを象徴するロゴ“AZ”にかけて、アルファベット26文字を表したという。展覧会では、井上がデザインした限定Tシャツ(1万2000円)とトートバッグ(8000円)も販売する。

■「15th book ANREALAGE 26」出版記念展
日程:1月25日〜2月3日
時間:13:00〜20:00
定休日:無休
場所:GALLERY WATER
住所:東京都港区西麻布2-7-5-4F
入場料:無料

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら