ファッション

「アンリアレイジ」の15年間を振り返ったショーが書籍に 展覧会も開催

 「アンリアレイジ(ANREALAGE)」は、ブランド設立15周年記念として、2018年10月に東京で行ったランウエイショーに焦点を当てた書籍「15th book ANREALAGE 26」を1月25日に出版する。出版に合わせて、25日~2月3日には東京・西麻布のギャラリーで展覧会を開く。

 18年10月のランウエイショーは、15年春夏に発表の場をパリに移して以来、4年半振りに東京で行ったもの。03年のブランド設立からの15年間を、計100体のルックで振り返った。書籍は同ショーのバックステージの様子をまとめており、アートディレクションを井上嗣也が担当し、レスリー・キー(Leslie Kee)が撮影、ジャーナリストの生駒芳子が寄稿している。書籍のタイトルの数字“26”は、ブランドを象徴するロゴ“AZ”にかけて、アルファベット26文字を表したという。展覧会では、井上がデザインした限定Tシャツ(1万2000円)とトートバッグ(8000円)も販売する。

■「15th book ANREALAGE 26」出版記念展
日程:1月25日〜2月3日
時間:13:00〜20:00
定休日:無休
場所:GALLERY WATER
住所:東京都港区西麻布2-7-5-4F
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら