フォーカス

「オフ-ホワイト」が19-20年秋冬メンズのランウエイで新作スニーカー“ODSY-1000”を披露 パリで17日から販売開始

 パリ・ファッション・ウイークの2日目にあたる1月16日、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が手掛ける「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」は、“PUBLIC TELEVISION”と題した2019-20年秋冬メンズ・コレクションのランウエイで新作スニーカー“ODSY-1000”を披露した。

 “ODSY-1000”は先日、ランウエイに先駆けてヴァージルが自身のインスタグラムで公開。これまでヴァージルが生み出してきたどのスニーカーとも似ても似つかぬシルエットから、ファンの間では話題となっていたスニーカーだ。

 スエードやプラスチックなど、さまざまな素材を用いたカラフルなカラーリングのアッパーには、サイドから中心にかけてクロスアローロゴがうねるように伸び、ブランドを代表するアイテム“インダストリアルベルト(INDUSTRIAL BELT)”を模したプルストラップがヒールにあしらわれるなど、これまでよりも「オフ-ホワイト」らしさが色濃いデザインとなっているが、なんといっても特徴はソールだろう。スタッズのような突起が無数に付いたアウトソールと、アッパーを覆うほどの分厚いラバー製のミッドソールは、これまでのチャンキースニーカーとは一線を画す仕上がりになっている。

 ランウエイでは“ODSY-1000”に加え、シンプルな見た目のローテクスニーカー“ヴァルカナイズド(VULCANIZED)”とミッドソールに“1.0”の文字がプリントされた“2.0”の新作、ラッパーのセオフィラス・ロンドン(Theophilus London)がデザインしたシグネチャーモデルのブーツ“ライフズ ワーク(LIFES WORK)”なども披露。“ODSY-1000”と“ヴァルカナイズド”と“2.0”の3モデルは、17日から29日までパリの五つ星ホテル「オテル・コスト(HotelCostes)」にオープンするフラワーショップがモチーフのポップアップショップ「FLORAL SHOP」で限定販売される。

 なおランウエイには、ヒップホップトリオ、ミーゴス(Migos)のオフセット(Offset)と、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」2019年春夏メンズコレでも歩いたラッパーのプレイボーイ・カルティ(Playboi Carti)がモデルとして登場した。