ファッション

ヴァージル・アブローが「エビアン」のクリエイティブ・アドバイザーに就任

 ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が、「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」のデザイナー、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のメンズ アーティスティック・ディレクターに加え、新たにミネラルウォーターで知られる「エビアン(EVIAN)」のクリエイティブ・アドバイザーに就任した。

 「エビアン」は2025年までに全てのペットボトルをリサイクル素材にすることを目指しており、ヴァージルはこれをデザイン面でサポート。サステイナブル・イノベーション・デザインにおけるクリエイティブ・アドバイザーとなる。

 パトリシア・オリヴァ(Patricia Oliva)「エビアン」グローバルマーケティング担当バイス・プレジデントは、ヴァージルを「次世代の可能性の具体だ」と称賛。ヴァージルも「『エビアン』の考えが、私自身の夢と一致していた。より良い未来を次世代のために築くことができるだろう。何より『エビアン』はファッションとクリエイティビティーにおいて伝統を持っている」とコメントしている。

 最初のプロジェクトは来年の19-20年秋冬ファッション・ウイーク期間中(2〜3月)に発表される予定で、ヴァージルはすでにインスタグラムにボトルデザインの原画を投稿。「ルイ・ヴィトン」19年春夏メンズのランウエイを想起させる、カラフルなレインボーカラーのボトルになりそうだ。

 なお「エビアン」は毎年、ファッションブランドやデザイナーとコラボしたボトルデザインを発表しており、これまでに「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」や「ケンゾー(KENZO)」「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」、クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)などが参加。12年目となる19年は、パリを活動拠点とするアーティストのイネス・ロンジェビアル(Ines Longevial)とのコラボボトルを1月1日から販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら