ファッション

ザ・ウィークエンド、待望の初来日公演で「マスターマインド」を着用

 “R&Bの変革者”とも称されるカナダ出身の人気R&B歌手ザ・ウィークエンド(The Weeknd)が、「マスターマインド・ワールド(MASTERMIND WORLD)」のデニムジャケットなどを着用し、待望の初来日公演を12月18日に幕張メッセで行った。

 これまでプライベートで幾度となく来日するなど大の親日家として知られるウィークエンドだが、2013年の「サマーソニック(SUMMER SONIC)」、16年の恵比寿リキッドルーム(LIQUIDROOM)とキャンセルしていたために、今回が初の来日公演となった。

 記念すべき公演は、日頃から愛用している「マスターマインド・ワールド」の18-19年秋冬のデニムジャケットと、スキニーパンツ姿。そこにグローバルアンバサダー兼クリエイティブ・コラボレーターを務める「プーマ(PUMA)」とのコラボスニーカーを合わせた“らしさ”溢れる格好で登場した。ステージは、映画「Black Panther」にも使用された「Pray For Me」でスタートし、その後「Starboy」や「Can't Feel My Face」「Call Out My Name」など25曲をほぼMCなしで約75分間にわたって披露した。

 ザ・ウィークエンドことエイベル・テスファイ(Abel Tesfaye)は、1990年生まれのエチオピア系カナダ人。2010年に「Loft Music」「The Morning」「What You Need」をウェブにアップしたことで話題となり、11年にはフリーリリースしたミックステープ「House Of Balloons」が各音楽メディアから高い評価を受けた。その後も精力的に活動し、15年に発表したシングル「Can't Feel My Face」とアルバム「Beauty Behind the Madness」でそれぞれ自身初となる全米1位を獲得した。アーティスト名の由来は、高校を中退した際にマットレスを持ち出して友人と家出した“週末”から。デビュー当初は、ジャン・ミシェル・バスキア(Jean Michel Basquiat)にインスパイアされたという立体的で風変わりなドレッドヘアーが目印だったが、それが目印になりすぎたことに加え、「寝返りがうてなくなった」という理由から断髪した逸話がある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら