ファッション

ザ・ウィークエンド、待望の初来日公演で「マスターマインド」を着用

 “R&Bの変革者”とも称されるカナダ出身の人気R&B歌手ザ・ウィークエンド(The Weeknd)が、「マスターマインド・ワールド(MASTERMIND WORLD)」のデニムジャケットなどを着用し、待望の初来日公演を12月18日に幕張メッセで行った。

 これまでプライベートで幾度となく来日するなど大の親日家として知られるウィークエンドだが、2013年の「サマーソニック(SUMMER SONIC)」、16年の恵比寿リキッドルーム(LIQUIDROOM)とキャンセルしていたために、今回が初の来日公演となった。

 記念すべき公演は、日頃から愛用している「マスターマインド・ワールド」の18-19年秋冬のデニムジャケットと、スキニーパンツ姿。そこにグローバルアンバサダー兼クリエイティブ・コラボレーターを務める「プーマ(PUMA)」とのコラボスニーカーを合わせた“らしさ”溢れる格好で登場した。ステージは、映画「Black Panther」にも使用された「Pray For Me」でスタートし、その後「Starboy」や「Can't Feel My Face」「Call Out My Name」など25曲をほぼMCなしで約75分間にわたって披露した。

 ザ・ウィークエンドことエイベル・テスファイ(Abel Tesfaye)は、1990年生まれのエチオピア系カナダ人。2010年に「Loft Music」「The Morning」「What You Need」をウェブにアップしたことで話題となり、11年にはフリーリリースしたミックステープ「House Of Balloons」が各音楽メディアから高い評価を受けた。その後も精力的に活動し、15年に発表したシングル「Can't Feel My Face」とアルバム「Beauty Behind the Madness」でそれぞれ自身初となる全米1位を獲得した。アーティスト名の由来は、高校を中退した際にマットレスを持ち出して友人と家出した“週末”から。デビュー当初は、ジャン・ミシェル・バスキア(Jean Michel Basquiat)にインスパイアされたという立体的で風変わりなドレッドヘアーが目印だったが、それが目印になりすぎたことに加え、「寝返りがうてなくなった」という理由から断髪した逸話がある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。