ビジネス

「マーク ジェイコブス」が価格を抑えた新ライン「ザ マーク ジェイコブス」をスタート

 エリック・マレシャル(Eric Marechalle)新最高経営責任者主導の新戦略のもと、「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」は2019年プレ・フォールから新ラインを立ち上げる。新ラインは「ランウエイ(RUNWAY)」と、より価格を抑えた「ザ マーク ジェイコブス(THE MARC JACOBS)」の2つに分かれるようだ。「ザ マーク ジェイコブス」という名前は、マーク・ジェイコブス=デザイナー個人のインスタグラムのアカウント名(@themarcjacobs)と通じるものがある。新ラインは現在バイヤー向けに公開されているが、プレスには非公開だ。

 米「WWD」は「ザ マーク ジェイコブス」コレクションのキャンペーンイメージを独自に入手して公開。このキャンペーンイメージには、ジェンダーレスな風貌の双子モデルが、カラフルなストライプのラグビーニットにコーデュロイのワイドパンツ、サングラス、チャームネックレス、電話機のスパイラルコードのようなネックレスを着用している。

 米「WWD」がリークした記事に対してデザイナーのマークは、「ああ!『ザ マーク ジェイコブス』コレクションの画像がリークされちゃった!これはほんの序章だと思って。(中略)4月に公開される広告キャンペーンやビジュアルを楽しみにしててね(他の誰かに先にリークされなければだけど)」と自身のインスタグラムでコメントしている。

 さらに、マークはこのキャンペーンビジュアルのスタイリングを手掛けたのは、マークもプライべートで頻繁に着用している「バレンシアガ(BALENCIAGA)」や「ヴェトモン(VETEMENTS)」のスタイリスト、ロッタ・ヴォルコヴァ(Lotta Volkova)であることや、撮影は「マーク ジェイコブス」のクリエイティブチームのヒューゴ・スコット(Hugo Scott)であることも明らかにした。「ザ マーク ジェイコブス」は5月に発売されるという。

 「マーク ジェイコブス」は11月に、マークの名が世に知られるきっかけとなった “グランジ”コレクションを復刻した他、ニューヨークのマディソンアベニューに新店舗をオープンしたばかりだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら