ファッション

ユナイテッドアローズの「ジュエルチェンジズ」が「エメル リファインズ」に刷新

 ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)は、ウィメンズブランド「ジュエルチェンジズ(JEWEL CHANGES)」を刷新する。2019年3月1日からブランド名を「エメル リファインズ(EMMEL REFINES)」に変更し、ソフトモードフェミニンを軸にしたアイテムを展開する。現在9店舗ある実店舗のファサードとオンラインストアのデザインも変更する。価格帯に変更はない。

 05年に誕生した「ジュエルチェンジズ」はこれまで、フェミニンモード、コンサバスイートを軸に商品を構成してきたが、時代の変化とともにアイテムにもソフトな女性らしさが求められていると判断。今年8月から、既存のフェミニンテイストはそのままにソフトモードを打ち出したアイテムを展開し売り上げにもつながったことから、コンセプトの刷新とそれに合致するブランド名への変更に至った。

 ブランド名「エメル リファインズ」は、“空”を意味するオランダ語“ヘームル(HEMEL)”と、“洗練させる”という意味のRIFINEを掛け合わせた造語。“ヘームル”は“変化”の意味も持っており、ポジティブな変化や洗練さを提供するという思いを込めた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら