ファッション

フルーツたっぷりのパイを無料提供 クイックペイユーザー1000万人突破を記念して

 JCBは、カードやスマートフォンをかざすだけで支払いができるサービス、「クイックペイ(QUICPay)」のユーザー1000万人突破を記念して、新宿駅東南口のサナギ新宿と有楽町駅近くの東京交通会館ビル前でオリジナルのクイックパイ(QUICPie)を12月5、7、8、10、11日の5日間、無料で提供する。「QUICPay de QUICPie STAND」と命名された、赤とピンクの車体にフルーツの絵が描かれたキッチンカーが目印で、場所と時間は日によって異なる。

 フルーツたっぷりのクイックパイは、ストロベリー、ブドウ、マロン、イチジク、バナナ、ラフランス、アップル、ブルーベリーの8種類。自分のクイックペイを見せて、合言葉の「クイックペイ!」と言えば好きなクイックパイ1種類をもらえる。クイックペイを持っていなくても、その場でカードとスマートフォンで設定すればもらうことができる。各日それぞれ200個のクイックパイを用意し、なくなり次第終了となる。

■「QUICPay de QUICPie STAND」
日時:12月5日16:00〜19:00、12月10日12:00〜15:00、12月11日16:00〜19:00
場所:サナギ新宿
住所:東京都新宿区新宿3-35-6

日時:12月7日12:00〜19:00、12月8日14:00〜19:00
場所:東京交通会館ビル前
住所:東京都千代田区有楽町2-10-1

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら