ファッション

「パリヤ」がショートケーキも食べられる新店舗をオープン 直径約7cmの贅沢な大ぶりケーキ

 巴里屋が運営する「パリヤ(PARIYA)」は、新業態のショートケーキ専門店「パリヤ・ショートケイクス(PARIYA SHORTCAKES)」をスタートする。1号店は、9月25日に開業した日本橋高島屋S.C.の地下1階に開設した。「パリヤ」が百貨店に出店するおかずが選べる弁当のテイクアウト専門店に併設し、イートインスペースも設けた。

 15年前に創業した「パリヤ」では、ショートケーキをクリスマスシーズン限定で販売し、知る人ぞ知る人気メニューになっている。ケーキ1つの大きさは直径約7cm。高さ約10cmの丸型で、従来のケーキよりも大ぶり。乳脂肪分や甘み、食感のバランスの試作を重ねた甘さ控えめで、一人でもぺろっと食べられる口当たり。

 販売中のメニューは、“ストロベリークラシックショートケーキ”の他に、“モンブランショートケーキ”と“バナナキャラメルスカッチショートケーキ”“ウォルナッツチョコレートショートケーキ”などシーズナルメニューを合わせた4種を用意。価格は“ストロベリークラシックショートケーキ”と“ウォルナッツチョコレートショートケーキ”がテイクアウト680円、イートイン(ドリンク付き)1080円、“モンブランショートケーキ”が同780円、同1180円、“バナナキャラメルスカッチショートケーキ”が同1050円、同650円。

■PARIYA日本橋高島屋S.C.店
オープン日:9月25日
時間:10:30〜21:00
場所:日本橋高島屋S.C.新館 地下一階
住所:東京都中央区日本橋2-5-1
席数:45席

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら