ファッション

昼も夜も1800円でデリが楽しめる 「パリヤ」新業態が赤坂にオープン

 巴里屋が運営する「パリヤ(PARIYA)」の新業態が9月29日、赤坂・虎ノ門エリアに開業する「赤坂インターシティAIR」1階にオープンする。これまでのデリスタイルをベースに、“ウェルネス”を意識した健康的な食材を使い、“ファイン・デリカッセン”を新たなコンセプトに掲げる。

 店内には、新鮮な野菜や魚介、肉、スパイス、ハーブをふんだんに用いたデリを常時18種類ラインアップ。オープン時は、“ビーガン シーザースサラダ ローカシュードレッシング”や“バターミルク ローストチキン”“アボカドとビーツ、グレープフルーツのガーデンサラダ”“ホームメイドミートボールとリガトーニ トマトソース”“ひじきとケールと紅芯大根のフレンチマリネ”“カジキまぐろのグリル ミントとねぎのチャルモラソース”などがそろう。

 これらのデリとキッシュ、スープから5品を選べる“5デリ プレート”(1800円~)を基本メニューに、ランチはパンとコーヒー、ティーが、ディナーはパンがそれぞれおかわり自由になる。テイクアウトは、“3デリランチボックス”が1300円〜、“4デリランチボックス”が1500円〜。また新たに、タルトやパウンドケーキ、クッキーなどのスイーツをそろえる。ディナータイムのパーティープランとして、2時間の食べ飲み放題が1人5500円〜。

 店内のデザインは、既存の青山にある路面店と東急東横フードショーにある渋谷店、みなとみらい店の3店舗同様、吉井雄一・社長が隅々までこだわった。中央には、8mあるバーカウンターを設置。赤坂の立地に合わせて、デリと共に味わえるコーヒーやカクテルなどを提供する。なお、同店はマッシュホールディングス傘下に入ってから初の店舗になる。

■パリヤ
オープン日:9月29日
時間:月〜土曜日 11:30〜23:00(L.O. 22:00) ※12月から営業時間変更予定
定休日:日・祝日
場所:赤坂インターシティAIR 1階
住所:東京都港区赤坂1-8-1
席数:62席、テラス16席
一人当たりの平均価格帯:1800円〜

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら