ビジネス

1900ブランドが参加し限定&復刻品も多数 「アットコスメ」が初の大規模ECセール

 「アットコスメ(@COSME)」を運営するアイスタイルは12月3日、24時間限定の公式通販セール「アットコスメ ビューティ デイ2018(@COSME BEAUTY DAY 2018)」を開催する。

 参加ブランドは国内外合わせて1900、アイテム数は3万5000以上で、通常はECセールに対応しないブランド、ECでの取り扱いがないブランドもそろえる。購入すると、「アットコスメ」や「アットコスメ ストア」で利用できるポイントを20%バックする。大きな特徴は限定キットや復刻品など、ここでしか買えないアイテムをそろえていることで、著名なヘアメイクアップアーティストによるメイクレッスン権などの“体験商品”も用意する。

 また、開催日まで日替わりで「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」「ランコム(LANCOME)」「M・A・C」「NARS」「クリニーク(CLINIQUE)」「ドゥ・ラ・メール(DE LA MER)」「ポール&ジョー ボーテ(PAUL & JOE BEAUTE)」「アディクション(ADDICTION)」「エトヴォス(ETVOS)」「オペラ(OPERA)」など39ブランドが用意した“スペシャルアイテム”の事前予約受付を行う他、特設サイトでは紗栄子や渡辺直美、高橋メアリージュンなどの女優やモデルや、人気美容家、ヘアメイクアーティストなどが愛用コスメを語るスペシャルコンテンツを用意する。

 今回のイベント訴求のために同社初のテレビCMも放送するなど、5億円のプロモーション費を投じる。今年のイベント売り上げ目標は3億円だが、新規にアットコスメ」に登録するユーザーやログインデータを増やして同社が持つビックデータをさらに充実させ、ユーザーと企業、製品とのマッチング機能を強化させる他、来年には海外での開催も視野に入れ10億円の売り上げを目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら