ファッション

「第36回毎日ファッション大賞」 「トーガ」の古田泰子が2回目の大賞受賞

 毎日新聞社は、「第36回毎日ファッション大賞」の受賞者を発表した。大賞は「トーガ(TOGA)」の古田泰子デザイナーが受賞した。また、新人賞・資生堂奨励賞に「アキコアオキ(AKIKOAOKI)」の青木明子デザイナー、鯨岡阿美子賞にアートディレクターの仲條正義、話題賞にZOZOの“ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)”がそれぞれ選ばれた。11月22日に都内で表彰式を行う。

 古田は2009年にも同賞を、また03年には新人賞・資生堂奨励賞を受賞している。受賞に関して「昨年、20周年を迎え、その節目に12年ぶりとなる東京でのショーを行ったことは大きな事柄です。日ごろよりサポートしていただいている皆さまと現在進行形の『トーガ』を共有する空間が持てたことは、あらためて私たちが皆さまへ大きな感謝を抱く機会となり、同時に次に進むための覚悟を持てる貴重な体験となりました。続く21年目というこの折に、栄えある賞を再びいただき大変嬉しく思います」などとコメントしている。

 なお、選考委員は三牧純一郎=経済産業省商務情報政策局商務・サービスグループクールジャパン政策課長、太田伸之日本ファッション・ウィーク推進機構理事、呉佳子・資生堂ファッションディレクター、児島幹規「装苑」編集長、小湊千恵美「FASHIONSNAP.COM」編集委員ディレクター、テキスタイルデザイナーの須藤玲子、渡辺三津子「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN)」編集長、小松浩・毎日新聞社主筆、向千鶴「WWDジャパン」編集長が務めた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら