ニュース

撤退ブランド相次ぐバーゼルワールドが市内のホテルを実質値下げ 「ホスピタリティが悪い」の声を受け

 スウォッチ グループ(SWATCH GROUP)の撤退で揺れる世界最大の時計・宝飾の合同展示会バーゼルワールド(BASEL WORLD)は31日、スイス・バーゼル市内の2/3以上に相当するホテルと取り決めを交わし、展示会期間中のホテルの料金について上限を定めると発表した。

 料金はホテルのランクにより、5つ星以上のホテルなら料金設定の上限は1290スイスフラン(約14万4400円)、以下5つ星が990スイスフラン(約11万円)、4つ星で650スイスフラン(約7万2800円)、3つ星で550スイスフラン(約6万1000円)など。最大、これまでの相場の半値程度と格段に安くなった。期間中、これらのホテルは滞在日数の制約を設けることもできないし、一度決めた料金を値上げすることもできない。

 人口17万人程度のバーゼルにはホテルが少なく、時計・宝飾業界の関係者が大挙して訪れるバーゼルワールド期間中は、完全な売り手市場。ホテルは法外な料金を要求することが多く、関係者の多くは電車で片道1時間のチューリッヒや、近郊ではあるが辺境のドイツ国境付近の田舎町での宿泊を強いられていた。このため関係者は長年「ホスピタリティが悪い」とバーゼルワールドに改善を求めていた。スウォッチ グループの撤退で「改革、待ったなし」状態となり、街ぐるみで対応した格好だ。

 またスウォッチ撤退を受けて、バーゼルへの出展を取りやめるブランドが相次いでいる。日本ではGMインターナショナルが代理店を務める「コルム(CORUM)」、DKSHジャパンが手掛ける「モーリス・ラクロア(MAURICE LACROIX)」も、2019年の出展を取りやめると発表した。