ファッション

スウォッチ撤退のバーゼルワールドで運営母体のCEOが辞任

 スウォッチ グループ(SWATCH GROUP)の撤退で揺れる世界最大の時計・宝飾の合同展示会バーゼルワールド(BASEL WORLD)を運営するイベント会社、MCHスイス エキシビション(MCM SWISS EXHIBITION)の親会社MCHグループ(MCH GROUP)のレネ・カーン(Rene Kamm)最高経営責任者(CEO)が辞任した。

 カーンCEOは1999年にバーゼルワールドの運営トップとして同グループに入社。2003年から実に15年近くCEOを務めてきた。アートバーゼルの立ち上げや事業の国際化にも多大に貢献したという。しかしながらグループは、「根本的な変革が必要な時期との認識に基づき、経営上のリーダーシップの交代も迫られているという結論に達した」と述べている。

 スウォッチ グループのフェア撤退表明が引き起こした、大きな地殻変動だ。

 MCHグループは5月末、フェアのマネージング・ディレクターの辞任・交代を発表。さらに7月30日には新マネージング・ディレクターの下、「19年のバーゼルワールドを魅力的なマーケティングとコミュニケーション、イベントの場に変えることに最優先で取り組む」と宣言したばかりだった。

 バーゼルワールドは、17、18の2年間の間に約850ものブランドが出展を取りやめ、16〜18年の3年間で来場者は約15万人から約10万人に激減したとされる。8月末には19年のフェアの詳細な内容を発表するとしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら