ファッション

1000の“顔”を持つ「マーク ジェイコブス」初のスマートウオッチ

 「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」は5日、ブランド初のタッチスクリーンスマートウオッチ“ライリー”を発売した。価格は4万2000円で、直営店およびオンラインストアで販売している。最大の特徴はウオッチフェイスをパーソナライズできることで、組み合わせは1000以上。コーディネートや気分に合わせて、いつでも交換できる。

 軽さとラウンド型のケースも特徴で、ストラップはシリコン製だ。フル充電すれば24時間使用でき、約30mmのタッチスクリーンディスプレーにはバッテリーを長持ちさせる環境光センサーも付く。

 “ライリー”はiOSおよびアンドロイド端末と互換性があり、ブルートゥースでスマートフォンに接続することで、電話やメッセージ、LINEの通知や内容の確認ができ、保存した音楽や動画の操作もできる。さらにはサードパーティアプリケーションのダウンロードや、グーグルアシスタントの利用も可能だ。

 同アイテムのビジュアル制作にはフォトグラファーのテオ・ウェナー(Theo Wenner)、スタイリストのエリッサ・サンティッシ(Elissa Santisi)らが参加し、モデルとして俳優のルーカス・ビン(Lucas Bin)、イラストレーターでもあるローレン・サイ、ヴィヴィアン・ローナー(Vivienne Rohner)、新人女優のブリア・ヴィネイト(Bria Vinaite)が登場する。

 「マーク ジェイコブス」の時計は、フォッシルグループ(FOSSIL GROUP)がライセンスを得て製作している。同社は「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」のスマートウオッチも手掛ける。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら