ニュース

ケイト・スペード ジャパンPRの監督脚本映画が東京国際映画祭に 主演の徳永えり達と「会社に感謝」の舞台挨拶

 ケイト・スペード ジャパンの龝山茉由プレスが脚本・監督した映画「月極オトコトモダチ」が30日、東京・六本木で開催中の第31回東京国際映画祭で上映された。同映画祭の公式部門でインディペンデント映画を積極的に支援して海外上映を後押しする「日本映画スプラッシュ」部門に選ばれた。龝山プレスは同日、映画の主演を務めた女優の徳永えりらと舞台挨拶に登場。「普段、映像と全く違う業界で働いていて感じるのは、周囲の人たちにとって自主制作の映画は本当に遠い存在ということ。そんな方々に見てもらえる作品にすることが1つの目標だった」と挨拶した。

 映画は、ウェブマガジンの編集者を務める主人公(徳永)が、毎月15時間で5万円のレンタル友達(橋本淳)を取材しながら、その体験を本人に伝えないまま誇張しつつ連載記事を執筆。次第に大きく揺れ動く主人公の心情に迫っている。自主制作で初の長編ながら、80分強の意欲作だ。龝山プレスは11月に開かれる映画 × 音楽の祭典MUSIC LABO 2018に向けて1月に脚本の執筆をスタート。実際レンタル友達を借りるなどの取材を通して、6月からの撮影に望んだ。撮影は9日間。ケイト・スペード ジャパンは1週間休み、前後の週末を利用したという。

 上映を終えた後のQ&Aセッションに臨んだ龝山プレスは、「フェイスブックで告知するなど決して隠しているつもりはなかったが、前回の短編が別の映画祭にノミネートされたあたりから、『さすがに、ちゃんと話しておかなくてはマズい』と思って会社に伝えた。皆、珍しがって応援してくれる。素晴らしい環境、サポートがなければ映画は撮れなかった。自分の社会人経験が生きていると思うので、クビにならない限り、バランスを取っていきたい」などと話して会場を沸かせた。

 映画は11月18日以降、MUSIC LABO 2018の出品作品として新宿などの映画館で鑑賞できる予定だ。

 「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」は、Live Colorfully(色とりどりに生きる)をキーワードの1つとして、自分らしく生きる女性を支援する活動に取り組んでいる。そんなブランドのPRらしい、大活躍だ。