フォーカス

「ミスター・ジェントルマン」の19年春夏は“透けて動ける”タウンウエア ルックで見れないディテール一挙公開

 「ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)」は10月19日、2019年春夏コレクションを渋谷ヒカリエで発表した。“VIBRANT(躍動感)”をテーマに、カラフルな壁面や床面で仕切られた迷路のような会場をモデルが軽快に歩き回った。

 コレクションは一見するとシンプルだが、素材使いやスタイリングが個性的だ。オーガンジーやPVCといった透け感のある素材のアイテムに、メッシュやナイロンなどのスポーティーな機能素材のアイテムをミックス。シャツの上にオーガンジー素材のトップス、ショートパンツの上にオーガンジーのパンツなどのレイヤードスタイルを提案した。さらに、シャツの片方の袖をネオンカラーにしたり、チェック柄のタイツをハーフパンツから覗かせたりと、鮮やかなカラーリングを要所に散りばめることで動きを強調した。

 アウターはライダースとデニムジャケットや、フィールドジャケットとステンカラーコートなど、異なるアイテムを融合。小物にはマルチカラーのレギンスやショーツと同じ色・素材のハーフソックス、ナイロン素材をのぞかせたスポーツソックス、スイムウエアブランドの「スピード(SPEEDO)」や「アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)」とコラボレーションしたミニバッグをそろえた。他にもアウトドアブランド「カリマー(KARRIMOR)」とのコラボアウターなどで、都会的なスポーツテイストを打ち出した。