フォーカス

3人の東コレ担当記者が選ぶ最終日の“私的BEST LOOK”

 楽天を初の冠スポンサーに迎えた2020年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、RFWT)」が10月19日に閉幕した。14日からの6日間で、非公式スケジュールを含めると50近いブランドがランウエイショーやイベントを行い、1000近いルックが披露された。しかし、よほどのことがない限り全てのルックをチェックするのは難しい。

 そこで「RFWT」を取材する3人の「WWDジャパン」記者が、各日の“私的BEST LOOK”をご紹介。東コレを4年連続で取材する30代男性記者K.O、海外コレクションの取材経験も豊富な女性記者M.O、東コレにはスナップカメラマンとして参加していた20代男性記者R.Oという、偶然にもファミリーネームが「O」縛りの3人が選ぶルックとは?5〜6日目に登場した「ダイエットブッチャースリムスキン(DIET BUTCHER SLIM SKIN)」「ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)」「ミツル オカザキ(MITSURU OKAZAKI)」「ヨハン・クー ゴールド レーベル(JOHAN KU GOLD LABEL)」「アールエービーディー(RABD)」「ガッツダイナマイトキャバレーズ(GUT'S DYNAMITE CABARETS)」「ドレスドアンドレスド(DRESSEDUNDRESSED)」の7ブランドから3ルックをピックアップしお届けする。


男性記者K.O
DIET BUTCHER SLIM SKIN / LOOK 1

 ブランド設立は2002年、ショー開催は12年ぶり。ベテランの「ダイエットブッチャースリムスキン」が東コレに初参加するだけでも驚きなのですが、ショーを見てさらにビックリ。少し前まではパンチの効いたブランド名の通り、ロックをベースにしたエッジィなスタイルだったのが、大人のリラックステーラードに一変していたのです。ダッドシューズが流行する前から提案していたアイコニックな大きいスニーカーも出てこなければ、パンツのバリエーションが豊かになっていたり、アクセ感覚のミニバッグに「かわいい」と小声が漏れたりと、快活なコレクションを見せてくれました。とはいえ、ただ大人しくなったわけではありません。グラフィックデザイナーの河村康輔とGUCCIMAZEという旬のアーティストと協業し、「彼らの作品を生かす服作りにこだわった」と深民尚デザイナー。照明で服がちょっと見づらかったのは残念でしたが、新生「ダイエットブッチャー」のアピールには成功したのではないでしょうか。パイセン、これからも東京を盛り上げてください!


女性記者M.O
GUT’S DYNAMITE CABARETS / LOOK 40

 今季の東コレのトリは7年ぶりにショーを披露した「ガッツダイナマイトキャバレーズ」でした。プロレス界のスーパースターの武藤敬司や神取忍、清宮海斗らが登場し、プロレスはあまり詳しくない私でもワクワクしました。レスラーたちが着たのは新ライン“GCGX”。幅広い年代に向けたユニセックスのストリートウエアです。でも彼らを差し置いて衝撃だったのは、御年70歳のモデルで歌手の秀香さん!ミニのフリルドレスを見事に着こなし、美脚を披露しました。踊りながらのウォーキングに、会場からは大歓声。最後にファッションショーのライブ感をしっかり味わうことができました。


男性記者R.O
MISTERGENTLEMAN / LOOK 47

 5日目のトリを飾った「ミスター・ジェントルマン」は、定番アイテムをはじめとした10ブランド以上とのコラボを詰め込んだボリューミーなコレクションを発表しました。中でも梶谷好孝が手掛けるアクセサリーブランド「ヨシコ クリエーション(YOSHIKO CREATION)」とは、Tシャツの襟元やトレンチコートの背面などにビジューをあしらったアイテムをいくつも発表。「ミスター・ジェントルマン」ではあまり見ないポイントの効かせ方で、新鮮な仕上がりになっていました。ラストには「これぞ『ミスター・ジェントルマン』!」と言わんばかりの毒っ気のないパステルカラーのタイダイ柄ルック20体が次々登場。なんでも先日の台風19号の被害が残る中でのショーということで、「ファッションでしか表現することができないポジティブなパワーを伝えたかった」と予定していたフィナーレを変更してのものだったそうです。その心意気からラストルックをセレクトしました!