フォーカス

3人の東コレ担当記者が選ぶ5日目の“私的BEST LOOK”

 10月14日から19日までの6日間、楽天を初の冠スポンサーに迎えた2020年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、RFWT)」が開催される。期間中は、非公式スケジュールを含めると50近いブランドがランウエイショーやイベントを行い、合計すると1000近いルックが披露される。しかし、よほどのことがない限り全てのルックをチェックするのは難しい。

 そこで「RFWT」を取材する3人の「WWDジャパン」記者が、各日の“私的BEST LOOK”をご紹介。東コレを4年連続で取材する30代男性記者K.O、海外コレクションの取材経験も豊富な女性記者M.O、東コレにはスナップカメラマンとして参加していた20代男性記者R.Oという、偶然にもファミリーネームが「O」縛りの3人が選ぶルックとは?5日目に登場した「ウィシャラウィッシュ(WISHARAWISH)」「ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)」「ジェニーファックス(JENNY FAX)」「ショーヘイ(SHOHEI)」「ディーベック(D-VEC)」「タエ アシダ(TAE ASHIDA)」「リト(RITO)」の7ブランドから3ルックをピックアップしお届けする。


男性記者K.O
TAE ASHIDA / LOOK 26

 前シーズンに東コレを取材した男性若手記者が“衝撃”という見出しをつけて記事化した「タエ アシダ」のメンズコレクションデビュー。後輩の興奮した様子にずっと気にはなっていたのですが、2シーズン目でようやく生で見ることができました。ひと言でいうと、超贅沢。シャープなテーラードやスクールライクなブルゾン、ストリートムードの巨大カーディガンなどアイテムは一見すると普遍的なメンズウエアなのですが、よく見ると刺しゅうや装飾のきめ細かさがドレスウエアのようで、ジャパニーズメゾンの意地と底力を見ました。長い歴史をもつ会社なのに、伝統を守ることだけに固執せず、変化を恐れないでチャレンジする姿勢には、同じ業界で働く身として刺激を受けます。僕と同じかもっと若い世代の男性にはあまりなじみがなかった世界かもしれませんが、だからといって壁を作らず、この勇敢なチャレンジ精神と本気のモノ作りを一度は目撃すべし!です。


女性記者M.O
JENNY FAX / LOOK 21

 「ジェニー ファックス」と「ミキオサカベ」が高田馬場のゲームセンターで発表しました。1回50円でプレイできる古い対戦ゲーム械が並ぶ、1980〜90年代から時間が止まっているような懐かしい空間です。「ジェニー ファックス」は今季も「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のスタイリングでおなじみのロッタ・ヴォルコヴァ(Lotta Volkova)をスタイリストに起用。ブランドの安定的な“レトロガーリー感”はそのままに、スカートから“パンチラ”させるなどロッタによるアレンジが加わって、ドキッとする着こなしが多かったです。中でも一番びっくりしたのは、ショーツに合わせた花柄のトイレットペーパーでできたドレスです。デザイナーのジェンファンいわく今回のコレクションには「身の回りの小さいものでも、宝物のような存在になる」という思いを込めたそう。日常に密接なものですが、水に溶ける繊細なトイレットペーパーを可憐なドレスに変えてしまうアイデアは痛快でした。


男性記者R.O
D-VEC / LOOK 16

 釣りの文化をライフスタイルに根付かせるべく、釣り用品メーカーのダイワ(DAIWA)が手掛けているのが「ディーベック」です。アウトドアカルチャーを背景に持つだけありアイテムの多くが機能的なウエアで、都市部はもちろん釣りの際にも問題なく着用できるという優れもの。街着のまま釣りに行けるというのは、釣り好きの1人としてたまりません。特にこのルックは“ルック買い”したいくらいドンピシャ。釣りをしていると地面に膝をつくことがよくあるのですが、膝パッドが入っているのは流石の目の付け所。シリンダー式の鍵をモチーフとしたベルトも可愛いです。男女問わず何か新しいことに挑戦する際、「適した服がない」というのは大きな障壁です。特に釣りはオシャレというイメージが正直なく、見た目を気にする人にとっては始めづらいですが、「ディーベック」はそんな人たちにもってこいだと改めて思いました。