ファッション

英国ユージェニー王女が結婚 「ピーター・ピロット」のドレスにティアラは93.7カラットのエメラルドが輝く「ブシュロン」製

 エリザベス女王(Queen ElizabethⅡ)の次男・ヨーク公爵アンドルー王子(Prince Andrew, Duke of York)の次女で、王位継承順位8位のユージェニー王女(Princess Eugenie of York)の結婚式が、10月12日にウインザー城で行われた。相手はジャック・ブルックスバンク(Jack Brooksbank)で、ジョージ・クルーニー(George Cloony)が手掛けたテキーラ「カーサミーゴス(CASAMIGOS)」のブランド・アンバサダーを務めている。二人は7年前にスイスのリゾート地で出会い交際してきたが、ユージェニー王女のひとめぼれだったという。

 結婚式でユージェニー王女は「ピーター・ピロット(PETER PILOTTO)」の背中が開いたドレスに、「シャーロット オリンピア(CHARLOTT OLYMPIA)」のカスタムメードシューズを着用。ティアラは1921年にイギリス貴族のグレヴィル夫人(Mrs. Greville)が購入し42年にエリザベス皇太后(Her Majesty Queen Elizabeth The Queen Mother)に受け継がれたもので、エリザベス女王からの借り物だ。“ココシュニック(ロシアの伝統的な女性の頭飾り)”スタイルのティアラは「ブシュロン(BOUCHERON)」によるもので、中央のエメラルドは93.7カラット。

 招待客はハリー王子(Prince Henry, Duke of Sussex)とメーガン妃(Meghan, Duchess of Sussex)の結婚式の600人を超える850人で、ケイト・モス(Kate Moss)やナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)、カーラ・デルヴィーニュ(Carla Delevigne)、リヴ・タイラー(Liv Tyler)、デミ・ムーア(Demi Moore)らが出席した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。