ファッション

デザイナー&ブランド13組が英新プリンセス、メーガン・マークルのウエディングドレスを大予想!

 ハリー王子(Prince Harry)ことプリンス・ヘンリー・オブ・ウェールズ(Prince Henry of Wales)と、米女優のメーガン・マークル(Meghan Markle)の結婚式が、5月19日(現地時間)にロンドン郊外バークシャーの英王室公邸、ウィンザー城の敷地内にある聖ジョージ礼拝堂で行われる。当日はメーガンの頭からつま先までのすべてのスタイルに注目が集まるだろうが、何より重要なのはやはり後世にまで語られるウエディングドレスだ。

 刻々と迫るロイヤルウエディングに向けて、米「WWD」は13組のファッションデザイナー、ブランド、ファッションイラストレーターに彼女がどんなウエディングドレスを着るのかを予想してもらい、デザイン画を描くように依頼した。「シャネル(CHANEL)」と「フェンディ(FENDI)」を手掛けるカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)や「ヴァレンティノ(VALENTINO)」を手掛けるピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)など、それぞれデザイナーによって個性はあるものの、ハリウッド的なセクシーなスタイルからシックで洗練されたスタイルに進化したメーガンの、今のファッションスタイルを反映しているようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら